DownloadHandlerAudioClip

class in UnityEngine.Networking

/

継承:Networking.DownloadHandler

マニュアルに切り替える

説明

DownloadHandler は、AudioClip オブジェクトとして使用するオーディオデータをダウンロードすることに特化したサブクラスです。

DownloadHandlerAudioClip は、受け取ったデータを事前に用意した Unity AudioClip オブジェクト格納します。 DownloadHandlerAudioClip は Web サーバーからオーディオデータをダウンロードするために最適化されており、オーディオデータの解凍と、ワーカースレッドのデコードを行う場合もあります。

HTTP をとおしてオーディオクリップをダウンロードし、Unity 内で AudioClip として使用したい場合などに、このクラスの使用が強く推奨されます。

変数

audioClipダウンロードした AudioClip または null を返します。 (読み込み専用)

コンストラクタ

DownloadHandlerAudioClipコンストラクター。ダウンロードするオーディオデータの種類を指定します。

Protected 関数

GetData DownloadHandler.data によって呼び出されます。ダウンロードしたクリップデータのコピーを raw バイトで返します。

Static 関数

GetContentダウンロードした AudioClip または null を返します。

継承メンバー

変数

dataリモートサーバーからダウンロードした実際のバイト数や null を返します。(読み取り専用)
isDoneこの DownloadHandler がすべてのデータを受信したことと、この DownloadHandler が必要なダウンロード後の処理を完了したことを親の [UnityWebRequest] によって知らされた場合、true を返します。
text便利なプロパティーです。UTF8 ストリングとしてインタープリタされた data からバイトを返します。(読み取り専用)

Public 関数

Disposeこの DownloadHandler がもはや使われてないという信号です。それを使用しているリソースをクリーンアップする必要があります。

Protected 関数

CompleteContentリモートサーバーからすべてのデータを受信したとき呼び出されるコールバック
GetProgress UnityWebRequest.downloadProgress にアクセスするときに呼び出されるコールバック
GetTexttext プロパティーがアクセスされたときに呼び出されるコールバック
ReceiveContentLength Content-Length ヘッダーを受信したときに呼び出されるコールバック
ReceiveDataリモートサーバーからデータを受信したときに呼び出されるコールバック