public float breakTorque ;

説明

接続を解除するために必要なトルク

ジョイントが Rigidbody2D を制限しようとするとき、これを行うためにトルクを適用する必要があります。これは reactionTorque として知られています。それぞれの Physics の更新で breakTorquereactionTorque と比較されます。そのトルクを超える場合、OnJointBreak2D は壊れたジョイントを参照して呼び出されます。ジョイントが壊れたなら、 reactionTorqueGetReactionTorque を使用してジョイントを壊した実際の反力トルクを確認できます。

Break Force は反トルク力の量によって壊れるようにするか、Mathf.Infinity を設定して壊れないジョイントにすることができます。ジョイントを壊さないようにする場合は、Physicsの更新チェックをする必要がなくなるため、全体的にパフォーマンスが良くなります。

breakTorqueDistanceJoint2DTargetJoint2D で使えないことに注意してください。

関連項目: reactionTorqueGetReactionTorqueOnJointBreak2D