Vuforia: Helpful tips, troubleshooting and resources
Windows Mixed Reality: Hardware and software requirements

Windows Mixed Reality: SDK Overview

Windows Mixed Reality (WMR) is a Microsoft platform built around the Windows 10 API, allowing applications to render digital content on holographic and immersive display devices.

ホログラフィックヘッドセットと没入型ヘッドセット

Microsoft HoloLens などのホログラフィックデバイスを使用すると、ヘッドセットを装着したまま周囲の物理的環境を見て、現実の世界と仮想コンテンツを融合させることができます。

Windows Mixed Reality の没入型ヘッドセットは、装着者の物理的空間を遮って 360 度の仮想環境で囲む不透明なディスプレイを備えています。

HoloLens

HoloLens は、拡張現実 (AR) と混合現実 (MR) の両方のアプリケーションを実行するためのデバイスです。HoloLens と Windows 没入型デバイスの間には、開発者がアプリケーションを作成するときに考慮する必要があるいくつかの重要な違いがあります。HoloLens アプリケーションは他の Windows Mixed Reality アプリケーションと同じツールと API を使用しますが、HoloLens アプリケーションの長所は、現実空間と独自の方法で相互作用できることにあります。

ホログラムとは何か

HoloLens は、デバイスのビューに 3D 仮想オブジェクトをレンダリングし、それらのオブジェクトが周囲の現実空間に存在するような視覚効果を引き起こします。ユーザーは、ジェスチャー、音声コマンド、ゲイズ (視線) を使用してこれらのオブジェクトと対話できます。オブジェクトは、物理的空間の現実世界のサーフェスと相互作用することもできます。Unity の他のゲームオブジェクトと同様に、オーディオ、アニメーション、その他のコンポーネントをホログラムにアタッチすることができます。

ホログラムの詳細は、Microsoft の開発者 Web サイト を参照してください。

没入型ヘッドセット

Windows Mixed Reality (WMR) の没入型ヘッドセットは、装着者の物理的空間を遮って 360 度の仮想環境で囲む不透明なディスプレイを備えています。

HTC Vive や Oculus Rift などの多くの VR デバイスは、ヘッドセットに組み込まれたセンサーと、ヘッドセットの方に向いたカメラを使用してユーザーの動きを追跡します。これは、アウトサイドイン方式として知られています。WMR の没入型ヘッドセットの大部分は、インサイドアウト方式を使用しています。インサイドアウト方式のデバイスは、外部空間に設置された外部カメラを使用する代わりに、ヘッドセットに内蔵された外向きカメラを使用して位置トラッキングを行います。HoloLens などの Windows のホログラフィックデバイスも、インサイドアウト方式を使用します。

ホログラフィックデバイスと没入型デバイスの違い

下の表は、Windows Mixed Reality のホログラフィックデバイスと 没入型デバイスの主な機能を示しています。

機能 ホログラフィックデバイス 没入型デバイス
ディスプレイ ヘッドセットを装着したまま物理的空間を確認できるシースルーディスプレイ ヘッドセットを装着すると物理的空間を遮断する不透明なディスプレイ
追跡スケール ワールドのスケール Stationary (固定) または Room (ルーム) スケール
追跡タイプ インサイドアウト インサイドアウト
ヘッドセット

下の表は、Hololens と没入型デバイスの重要な違いを示しています。

違い 詳細
ホログラムは現実を置き換えません 没入型 3D 環境とは異なり、ホログラムは加法的です。デバイスは現実世界に重ねてホログラムを描きます。HoloLens アプリケーションは現実空間に描き加え、現実空間と相互作用することができます。
入力パラダイムが異なります HoloⅬens の主要な入力方法は以下の通りです。
- Gaze (視線、ユーザが見ているところ)、
- Gesture (ジェスチャー、デバイスがコマンドとして解釈できる手の信号)、
- Voice (音声、音声のコマンド)
これらは、従来の入力方法と著しく異なります。
HoloLens デバイスは電力使用量に敏感 HoloLens はモバイルデバイスなので、携帯のアプリケーションと同じように、そのアプリケーションは電力使用量を考慮に入れる必要があります。機能を無効にして CPU 使用率を最適化することは、他のプラットフォームにおいてよりも重要です。
写真撮影とビデオ撮影 デバイスのカメラから写真やビデオを撮ることができるのは HoloLens だけです。Windows Mixed Reality の没入型のヘッドセットでは、ユーザーがデバイスのカメラにアクセスして写真やビデオを撮ることはできません。写真とビデオ撮影用の API を使用することによって、PC に接続されている Web カメラから撮影が可能です。
空間マッピング HoloLens は空間マッピングコンポーネントと API をサポートします。 Windows Mixed Reality の没入型ヘッドセットは、これらをサポートしていません。
追跡空間 没入型デバイスは、固定スケール、またはルームスケールの体験に最適です。一方、HoloLens はワールドスケールで動作します。そのため、ユーザーは単一の場所に限定されず、最初の場所からずっと離れたところを歩くことができます。アプリケーションは動的な参照フレームとワールドに固定されたコンテンツを処理する必要があります。

For information about input control mapping differences, see Windows Mixed Reality Input.

詳細は Microsoft’s Mixed Reality ドキュメント を参照してください。


  • 2018–03–27 編集レビュー を行ってパブリッシュされたページ

  • XR API に関する新しいコンテンツは 2017.3 に追加

Vuforia: Helpful tips, troubleshooting and resources
Windows Mixed Reality: Hardware and software requirements