Version: 2017.3
グラフィックスの使い方
スカイボックスの作成方法

アルファテクスチャのインポートの仕方

Unity は直接的な アルファブレンディング を使用します。したがってカラーレイヤーを拡張する必要があります。Unity のアルファチャンネルは Photoshop ファイルの最初のアルファチャンネルから読み込まれます。

設定

設定を行う前に、アルファユーティリティーの Photoshop アクションをインストールします。AlphaUtility.atn.zip

インストール後には、アクションパレットに AlphaUtility というフォルダーが表示されます。

アルファを正しく設定

以下のような Photoshop 内の透明なレイヤーにアルファテクスチャがあるとします。

  1. レイヤーをコピーします。

  2. もっとも下のレイヤーを選択します。これは、バックグラウンドの拡張の元になります。

  3. Layer->Matting->Defringe を選択し、デフォルトのプロパティーを適用します。

  4. “Dilate Many”アクションを数回実行します。これにより、背景が新しいレイヤーに展開されます。

  5. すべての拡張レイヤーを選択し、 Command-E で結合します。

  6. 画像スタックの下部に無色のレイヤーを作成します。これは、文書の一般的な色に一致します (この場合、緑っぽい色)。注意:レイヤーを使わないと、Unity はすべてのレイヤーをマージしたアルファを使います。

次に、アルファレイヤーに透明度をコピーする必要があります。

  1. レイヤーパレットで選択したものを Command キーを押しながらクリックすることで、メインレイヤーのコンテンツに設定します。
  2. チャンネルパレットに切り替えます。
  3. 透明度から新しいチェンネルを作成します。

PSD ファイルを保存します。これで準備ができました。

ノート

画像が (レイヤーをマージした後に) 透明度を含む場合、Unity は、全レイヤーのマージされた透明度からアルファを取得し、アルファマスクを無視します。この回避策として、「アルファを正しく設定」の項目 6 で説明した通り、ソリッドカラーでレイヤーを作る方法があります。

グラフィックスの使い方
スカイボックスの作成方法