PrefabUtility

class in UnityEditor

マニュアルに切り替える

説明

プレハブのためのユーティリティクラスの関連操作。

Static 変数

prefabInstanceUpdatedシーンのプレハブのインスタンスが更新された後に呼び出します

Static 関数

ConnectGameObjectToPrefabソースプレハブにゲームオブジェクトを接続します
CreateEmptyPrefab指定されたパスに空のプレハブを作成します
CreatePrefabゲームオブジェクトのヒエラルキーからプレハブを作成します
DisconnectPrefabInstanceプレハブのインスタンスを親プレハブから切断します
FindPrefabRootヘルパー関数は(ピッキングに使用した)オブジェクトのプレハブルートを検索します
FindRootGameObjectWithSameParentPrefab target と同じプレハブ親を持つ最上位のゲームオブジェクトを返します
FindValidUploadPrefabInstanceRootそのルートプレハブインスタンスがプレハブの親である場合は、プレハブインスタンスのルートゲームオブジェクトを返します
GetPrefabObject内部に含む任意のオブジェクトを包括するプレハブを取得します
GetPrefabParentソースの親アセットオブジェクトを返し、見つからない場合は null を返します
GetPrefabTypeオブジェクトが与えらると、そのプレハブの type を返します(プレハブでない場合は何も返しません)
GetPropertyModifications親プレハブと比較して、指定したプレハブのインスタンスに適用されたすべての修正を抽出します
InstantiateAttachedAssetプレハブによって参照されているアセットをインスタンス化し、プレハブのインスタンスで使用します
InstantiatePrefab指定したシーン内に指定したプレハブをインスタンス化します
MergeAllPrefabInstancesこのプレハブのすべてのプレハブのインスタンスを強制的に再マージします
ReconnectToLastPrefab最後に接続されたプレハブにゲームオブジェクトを接続します
RecordPrefabInstancePropertyModificationsCauses modifications made to the Prefab instance to be recorded.
ReplacePrefabゲームオブジェクトのヒエラルキーにある go のコピーと targetPrefab を置き換えます
ResetToPrefabStateコンポーネントやゲームオブジェクトのプロパティーを親プレハブの状態にリセットします
RevertPrefabInstanceプレハブのインスタンスに追加された子ゲームオブジェクトとコンポーネントを含プレハブ内のすべてのオブジェクトのプロパティーをリセットします
SetPropertyModifications親プレハブと比較し、プレハブのインスタンスに適用されるすべての修正を適用します

デリゲート

PrefabInstanceUpdatedシーンが更新された際、プレハブのインスタンス後に呼び出されるメソッドをデリゲート