HostTopology

class in UnityEngine.Networking

マニュアルに切り替える

説明

クラスは、ホストのネットワークトポロジ(NetworkTransport.AddHost 関数によって開かれたソケット) を定義します。トポロジの定義は、(1) デフォルトの設定でどれだけ多くの接続をサポートし、(2) 特別な接続ではどうなるのか (デフォルトと異なる構成による接続) です。

例えば、部屋の中の 10 人が関連し、チャットサーバーへの接続がある p2p ゲームは、10個のデフォルトの接続と 1 つの特別な接続を持ちます。

NetworkServer と NetworkClient クラスが HostTopology インスタンスで設定されます。

変数

DefaultConfigトポロジーでデフォルトの接続のための設定を定義します。
MaxDefaultConnectionsデフォルトの設定でどれだけ多く接続するかを定義します。
ReceivedMessagePoolSizeDefines the maximum number of messages that each host can hold in its pool of received messages. The default size is 128.
SentMessagePoolSizeDefines the maximum number of messages that each host can hold in its pool of messages waiting to be sent. The default size is 128.
SpecialConnectionConfigs特別な接続構成のリスト
SpecialConnectionConfigsCountトポロジーに追加する特別な接続の数を返します。

コンストラクタ

HostTopologyトポロジーを作成

Public 関数

AddSpecialConnectionConfig特別な接続をトポロジに追加します (例えばスタンドアロンのチャットサーバーへの接続を維持する場合、この関数を使用する必要があります)。返される ID は、このサーバーへの接続を確立する (IP アドレスとポートを持つ) パラメーターの 1 つとして使用をする必要があります。
GetSpecialConnectionConfig特別な接続設定の参照を返します。この設定のパラメーターは変更できます。