public string url ;

説明

[UnityWebRequest]] と通信するターゲット URL を定義します。

Send を呼び出した後、このプロパティーは設定できません。

[UnityWebRequest]] が発生し、リダイレクトに続く場合、このプロパティーは UnityWebRequest のリダイレクト先となる URL で更新します。

URL を入力するときは 絶対 URL が優先されます。ただし、URL の一部を入力するとシステムはこれらの規則に従います:

入力される URL が 2 つのスラッシュで始まる (//)場合、 入力は HTTP 経由のドメインとパスであると見なされます。

非 WebGL のプラットフォームではシステムが先頭に http: を付加します。 WebGL のシステムは Unity WebGL アプリケーションがアクセスされているパス方式を継承します。

例: WebGL アプリケーションが https 経由でアクセスされている場合、システムが先頭に https: を付加し、http 経由でアクセスされている場合、http: をシステムが先頭に付加します。

入力 URL が 1 つのスラッシュ (/) で始まる場合、 システムは、入力は Unity アプリケーションが実行されている現在のドメインからの相対パスと見なします。非 WebGL プラットフォーム上ではシステムは URL に http://localhost を追加します。

WebGL 上で Unity WebGL アプリケーションがアクセスされているパスのスキームとホストを システムは先頭に追加します。たとえば、この Unity WebGL アプリに http://unity3d.com/myapp を介してアクセスしている場合、システムは相対パスにhttp://unity3d.com を付加します。

上記の規則のいずれにも該当する場合、 システムは組み込みの System.Uri クラスを介して入力ストリングを検証します。このクラスは URIFormatException をスローした場合、システムは Unity アプリがアクセスされている絶対 URL に入力ストリングを追加しようとします。(上記参照)

さらに例外が再度スローされます。