public float useVirtualParticles ;

説明

衝突判定の安定性向上のために、ひとつの三角形ごとにひとつの仮想パーティクルを追加する。

仮想パーティクルによって布の解像度を上げずに布の衝突判定を向上できます。それらは、それらのパーティクルは衝突処理のステージの間にのみ存在し、通常のパーティクルのように明示的に保管されたそれらの位置、角速度、密度を持たないため、「仮想」パーティクルと呼ばれます。それらは、衝突表面に追加のサンプルを提供すると考えられています。