ランタイム時にリソースをロード
Plugin インスペクター

プラグイン

Unity では通常、機能の作成にスクリプトを使いますが、Unity 以外で作成されたコードを Unity プラグイン の形で含めることもできます。Unity で使用できるプラグインには 2 種類あります。マネージドプラグインネイティブプラグイン です。

マネージドプラグイン はマネージドの .NET アセンブリーで、Visual Studio や MonoDevelop などのツールを使用して作られたものです。これらは .NET のコードのみを含んでいるため、.NET ライブラリーの対応していない機能にはアクセスすることができません。ただし、Unity がスクリプトのコンパイルに使用している標準の .NET ツールでマネージドのコードにアクセスすることは可能です。したがって、マネージドのプラグインコードを使用するのと Unity のスクリプトコードを使用するのとであまり大差はありませんが、プラグインは Unity 外でコンパイルされているためソースが入手できないこともあります。

ネイティブプラグイン はプラットフォームごとのネイティブコードライブラリーです。これらは、システムコールやサードパティのコードライブラリなどといった、元々 Unity で使用できない機能にアクセスすることができます。ただし、Unity のツールからこれらのライブラリーへのアクセスは、マネージドライブラリへのアクセスとまったく同じようにできる訳ではありません。例えば、プロジェクトにマネージドプラグインファイルを加えるのを忘れた場合は、標準のコンパイラーエラーメッセージが出ます。ネイティブプラグインで同じ事をした場合は、プロジェクトを実行しようとしたときにのみエラーレポートが出ます。

この項では、プラグインの作成方法と、その Unity プロジェクトでの使用方法をご説明します。

ランタイム時にリソースをロード
Plugin インスペクター