説明

3D グリッド補間のライトプローブが使用されています。

同じゲームオブジェクトか他のゲームオブジェクトにある Light Probe Proxy Volume コンポーネントが必要です。他のゲームオブジェクトにある Light Probe Proxy Volume コンポーネントを使用するためには、Proxy Volume Override プロパティーを使ってソースのゲームオブジェクトを指定します。

表面シェーダーは、自動的にプロキシボリュームと紐づいた情報を使用します。プロキシボリューム情報をカスタムシェーダーで使用するには、ピクセルシェーダーの ShadeSHPerPixel 関数を利用します。

See Also: Light Probes, Light Probe Proxy Volume.