Version: 5.4 (switch to 5.5b)
言語English
  • C#
  • JS

Script language

Select your preferred scripting language. All code snippets will be displayed in this language.

RectTransformUtility.ScreenPointToWorldPointInRectangle

Suggest a change

Success!

Thank you for helping us improve the quality of Unity Documentation. Although we cannot accept all submissions, we do read each suggested change from our users and will make updates where applicable.

Close

Sumbission failed

For some reason your suggested change could not be submitted. Please try again in a few minutes. And thank you for taking the time to help us improve the quality of Unity Documentation.

Close

Cancel

マニュアルに切り替える
public static function ScreenPointToWorldPointInRectangle(rect: RectTransform, screenPoint: Vector2, cam: Camera, out worldPoint: Vector3): bool;
public static bool ScreenPointToWorldPointInRectangle(RectTransform rect, Vector2 screenPoint, Camera cam, out Vector3 worldPoint);

Parameters

rect 内部の点を見つけるための RectTransform。
cam スクリーン空間位置に関連するカメラ。
screenPoint スクリーン空間位置。
worldPoint ワールド空間のポイント。

Returns

bool RectTransform の平面がヒットした場合、ポイントが矩形の内側にあるかは関係なく true を返します。

Description

スクリーン空間ポイントを、指定された RectTransform 平面上にあるワールド空間の位置に変換します。

cam 引数は、スクリーン空間位置に関連するカメラである必要があります。スクリーン空間として設定した Canvas の RectTransform については、オーバーレイモードやカメラパラメーターは null にしなければなりません。

ScreenPointToWorldPointInRectangle を、PointerEventData オブジェクトを提供するイベントハンドラ内から利用するとき、PointerEventData.enterEventData (hover 機能向け) や PointerEventData.pressEventCamera (click 機能向け)を使用することで適切なカメラを取得します。これは、所定のイベント向けに自動的に選ばれた適切なカメラ(と null のどちらか)を使用します。