Legacy Documentation: Version 2017.1 (Go to current version)
言語English
  • C#
  • JS

Script language

Select your preferred scripting language. All code snippets will be displayed in this language.

RectTransformUtility.ScreenPointToWorldPointInRectangle

フィードバック

ありがとうございます

この度はドキュメントの品質向上のためにご意見・ご要望をお寄せいただき、誠にありがとうございます。頂いた内容をドキュメントチームで確認し、必要に応じて修正を致します。

閉じる

送信に失敗しました

なんらかのエラーが発生したため送信が出来ませんでした。しばらく経ってから<a>もう一度送信</a>してください。ドキュメントの品質向上のために時間を割いて頂き誠にありがとうございます。

閉じる

キャンセル

マニュアルに切り替える
public static function ScreenPointToWorldPointInRectangle(rect: RectTransform, screenPoint: Vector2, cam: Camera, out worldPoint: Vector3): bool;
public static bool ScreenPointToWorldPointInRectangle(RectTransform rect, Vector2 screenPoint, Camera cam, out Vector3 worldPoint);

パラメーター

rect 内部の点を見つけるための RectTransform。
cam スクリーン空間位置に関連するカメラ。
screenPoint スクリーン空間位置。
worldPoint ワールド空間のポイント

戻り値

bool RectTransform の平面がヒットした場合、ポイントが矩形の内側にあるかは関係なく true を返します。

説明

スクリーン空間ポイントを、指定された RectTransform 平面上にあるワールド空間の位置に変換します。

cam 引数は、スクリーン空間位置に関連するカメラである必要があります。スクリーン空間として設定した Canvas の RectTransform については、オーバーレイモードやカメラパラメーターは null にしなければなりません。

ScreenPointToWorldPointInRectangle を、PointerEventData オブジェクトを提供するイベントハンドラ内から利用するとき、PointerEventData.enterEventData (hover 機能向け) や PointerEventData.pressEventCamera (click 機能向け)を使用することで適切なカメラを取得します。これは、所定のイベント向けに自動的に選ばれた適切なカメラ(と null のどちらか)を使用します。

Did you find this page useful? Please give it a rating: