Legacy Documentation: Version 2017.1 (Go to current version)
言語English
  • C#
  • JS

Script language

Select your preferred scripting language. All code snippets will be displayed in this language.

Mathf.Atan2

フィードバック

ありがとうございます

この度はドキュメントの品質向上のためにご意見・ご要望をお寄せいただき、誠にありがとうございます。頂いた内容をドキュメントチームで確認し、必要に応じて修正を致します。

閉じる

送信に失敗しました

なんらかのエラーが発生したため送信が出来ませんでした。しばらく経ってから<a>もう一度送信</a>してください。ドキュメントの品質向上のために時間を割いて頂き誠にありがとうございます。

閉じる

キャンセル

マニュアルに切り替える
public static function Atan2(y: float, x: float): float;
public static float Atan2(float y, float x);

説明

Tany/x になる角度をラジアンで返します。

戻り値は X 軸と 0 で始まり (X, Y)で終わる 2D ベクトルの角度です。

注意 この関数は X が 0 であるケースを考慮していることに注意してください。 0 で除算する例外処理よりもむしろ正しい角度を返します。

// Usually you use transform.LookAt for this.
// But this can give you more control over the angle

var target : Transform;

function Update () { var relative : Vector3 = transform.InverseTransformPoint(target.position); var angle : float = Mathf.Atan2(relative.x, relative.z) * Mathf.Rad2Deg; transform.Rotate (0, angle, 0); }
using UnityEngine;
using System.Collections;

public class ExampleClass : MonoBehaviour { public Transform target; void Update() { Vector3 relative = transform.InverseTransformPoint(target.position); float angle = Mathf.Atan2(relative.x, relative.z) * Mathf.Rad2Deg; transform.Rotate(0, angle, 0); } }

Did you find this page useful? Please give it a rating: