public static float VerticalScrollbar (Rect position, float value, float size, float topValue, float bottomValue);
public static float VerticalScrollbar (Rect position, float value, float size, float topValue, float bottomValue, GUIStyle style);

パラメーター

position スクロールバーを描画するスクリーン上の Rect
value 最小値と最大値の間にある値
size つまみのサイズ
topValue スクロールバーの上端の値
bottomValue スクロールバーの下端の値
style スクロールバーの背景に使用するスタイル。省略された場合は、現在の GUISkin にある horizontalScrollbar スタイルを使用します。

戻り値

float 変更された /value/。これはユーザーによってスクロールバーをドラッグ、またはバーの矢印をクリックして変更したときに変更されます。

説明

垂直のスクロールバー。スクロールバーは文章をスクロールするのに使用します。ほとんどの場合は代わりにスクロールビューを使用してください。

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class ExampleClass : MonoBehaviour { public float vSbarValue; void OnGUI() { vSbarValue = GUI.VerticalScrollbar(new Rect(25, 25, 100, 30), vSbarValue, 1.0F, 10.0F, 0.0F); } }

特別な要素を見つける:

The styles of the buttons at the end of the scrollbar are searched for in the current skin by adding "upbutton" and "downbutton" to the style name. The name of the scrollbar thumb (the thing you drag) is found by appending "thumb" to the style name.

    var scrollPos : float = 0.5;
    // This will use the following style names to determine the size / placement of the buttons
    // MyVertScrollbarupbutton    - Name of style used for the up button.
    // MyVertScrollbardownbutton - Name of style used for the down button.
    // MyVertScrollbarthumb         - Name of style used for the draggable thumb.
    function OnGUI() {
        scrollPos = GUI.VerticalScrollbar(Rect(0,0,100,20), scrollPos, 1, 0, 100, "Scroll");
    }