Point Effector 2D
Surface Effector 2D

Platform Effector 2D

Platform Effector 2D は一方向の衝突判定、横方向の摩擦やバウンドなど、さまざまな「床」の挙動を適用します。

エフェクターを付けたコライダーは他のコライダーと衝突できるようにするため通常はトリガーに設定しません。

Platform Effector 2D のインスペクター
Platform Effector 2D のインスペクター

プロパティー

プロパティー 機能
Use Collider Mask Collider Mask プロパティーを使用するか。チェックを外している場合、グローバルコリジョンマトリクスがデフォルトのものとしてすべてのコライダーに使用されます。
Collider Mask マスクはエフェクターを作用させるレイヤーを指定するのに使用します。
Use One Way 1方向の衝突判定を動作させるかどうか。
Use One Way Grouping 1方向の動作が無効にされたすべての衝突が、すべてのコライダーに作用するよう確認する。これは、複数のコライダーが台を通過するオブジェクト上で使用され、1つのグループとしてまとまって動く必要がある場合に便利です。
Surface Arc コライダーが通ることのできない面を定義する、ローカル座標における 「上」を基準とした円弧の角度。この円弧の外側にあるものはすべて1方向衝突の対象とされます。
Use Side Friction 台形の側面に摩擦を発生させるかどうか。
Use Side Bounce 台形の側面にバウンドを発生させるかどうか。
Side Arc エフェクターの両側にもとづく台の側面を定義する円弧の角度。この円弧内で起こるすべての衝突の法線は「側面」の挙動として考慮されます。
Point Effector 2D
Surface Effector 2D