Version: 2021.1
ライティングモード: Shadowmask
Light Explorer ウィンドウ

ライティングモード: Subtractive

This page describes the behavior of all Mixed Lights in a Scene, when that Scene uses a Lighting Settings Asset with its Lighting Mode property set to Subtractive.

Subtractive ライティングモードでは、シーンのすべての混合ライトはベイクされた直接および間接ライティングを提供します。Unityは、静的ゲームオブジェクトから投影された影 (シャドウ) をライトマップにベイクします。ベイクした影に加えて、メインディレクショナルライトと呼ばれる 1 つのディレクショナルライトが、動的ゲームオブジェクトにリアルタイムの影を提供します。

影はライトマップにベイクされるため、ランタイム時にベイクした影とリアルタイムの影を正確に組み合わせるために必要な情報がありません。代わりに、Unity はライトマップからの影響を減らすために Realtime Shadow Color (リアルタイムシャドウカラー) を提供し、ベイクした影とリアルタイムの影が正しくブレンドされているように見せます。特定の芸術的なスタイルを実現するために色を微調整することもできます。

Subtractive ライティングモードは、パフォーマンスが重要なローエンドハードウェアで、リアルタイムの影を作るライトが 1 つだけ必要な場合に便利です。特にリアルなライティング効果は得られません。セルシェーディングなどの様式化したデザインに適しています。

レンダリングパイプラインのサポート

  • ビルトインレンダリングパイプラインは Subtractive ライティングモードをサポートします。
  • ユニバーサルレンダーパイプライン (URP) は Subtractive ライティングモードをサポートします。
  • HD レンダーパイプライン (HDRP) は Subtractive ライティングモードをサポートしません。

混合ライトの動作

シーンのライティングモードを Subtractive に設定すると、混合ライトは以下のように動作します。

  • 混合ライトで照らされた動的ゲームオブジェクトは以下を受けます。
    • リアルタイムの直接ライティング。
    • ベイクされた間接ライティング、ライトプローブ使用。
    • メインディレクショナルライトから照らされる動的ゲームオブジェクトからのリアルタイムの影、シャドウマップ使用 (シャドウディスタンス以内)。
    • 静的ゲームオブジェクトからの影、ライトプローブ使用 。
  • 混合ライトで照らされた静的ゲームオブジェクトは以下を受けます。
    • ベイクされた直接ライティング、ライトマップ使用。
    • ベイクされた間接ライティング、ライトマップ使用。
    • 静的ゲームオブジェクトからのベイクした影、ライトマップ使用。
    • メインディレクショナルライトから照らされる動的ゲームオブジェクトからのリアルタイムの影、シャドウマップ使用 (シャドウディスタンス以内)。

シーンのライティングモードを Subtractive に設定

  1. Select the Lighting Settings Asset for the Scene.
  2. In the Inspector, navigate to Mixed Lighting..
  3. Use the drop-down menu to set the Lighting Mode to Subtractive.

影の色を変更する

シーンのライティングモードを Subtractive に設定すると、Unity は Lighting ウィンドウに Realtime Shadow Color プロパティーを表示します。Unity は、リアルタイムの影とベイクした影を組み合わせるときにこの色を使用します。この値を変更してシーンの間接ライティングの色に近づけ、リアルタイムの影とベイクした影が適切に合うようにします。

メインディレクショナルライト

Unity は自動的に、シーンで最も強度の高いディレクショナルライトをメインディレクショナルライトに選びます。

ライティングモード: Shadowmask
Light Explorer ウィンドウ