Version: 2019.3
ツリービュー
Reload Domain

Configurable Enter Play Mode

Play Mode (再生モード) は Unity のコア機能の 1 つです。ツールバー の再生ボタンを通して、エディター内で直接プロジェクトを実行できます。再生モードに入ると、ビルドと同様にプロジェクトが開始され、実行されます。再生モード中にエディターで行った変更は、再生モードを終了するとリセットされます。

エディターで再生モードに入ると、Unity はビルドと同じようにエディターでプロジェクトを開始するために 2 つの重要なアクションを実行します。

  • スクリプトの状態をリセットします。“Reload Domain ” (ドメインの再ロード) とも呼ばれます。
  • シーンを再ロードします。

これら 2 つのアクションの実行には時間がかかり、スクリプトやシーンが複雑になるほど時間がかかります。

ゲームやアプリケーションを開発するとき、すぐに再生モードに開始/終了できる機能は重要な要素です。再生モードの開始と終了をすばやくできるほど、変更とそのテストの実行を短時間でできます。

開発中のイテレーションを短時間で行うことが重要であり、シーンとスクリプトの状態をリセットする時間が障害になる場合があるため、Unity では再生モードを開始するときに発生することを設定する機能を提供し、“ドメインの再ロード” と “シーンの再ロード” のいずれか、または両方をを無効にするオプションが可能です。これら 2 つのオプションは、Configurable Enter Play Mode (設定可能な再生開始モード) 機能によって提供されます。

以下の図は Reload Domain と Reload Scene 設定を無効にした場合の影響を示しています。

Reload Domain と Reload Scene 設定を無効にした場合の影響
Reload Domain と Reload Scene 設定を無効にした場合の影響

再生モードの設定方法

Enter Play Mode設定を行うには、File > Project Settings > Editor の順に移動し、Enter Play Mode Options を有効にします。これを有効にすると、Reload Domain (ドメインの再ロード) のオプションと Reload Scene (シーンの再ロード) のオプションが使用可能になります。

Editor Project Settings ウィンドウの Enter Play Mode settings
Editor Project Settings ウィンドウの Enter Play Mode settings

Reload Domain を有効にして、Domain Reloading を使用可能にします。Reload Scene を有効にすると、Scene Reloading が使用可能になります。

ノート: この機能は実験的なものです。すべてのパッケージが無効にしたドメインとシーンの再ロードと互換性があると検証されているわけではありません。また、機能の動作は Unity の将来のバージョンで変更される可能性があります。

ツリービュー
Reload Domain