Apple App Store と Mac App Store の設定
Windows ストアの設定

Google Play ストアの設定

前書き

ここでは、Unity のゲームでアプリ内課金ストアを利用するのに必要な、デジタルレコードと関連を構築する手順を説明します。Unity IAP 課金 API がターゲットとなります。

アプリ内課金 (IAP) は、お金とデジタルプロダクトとを取引する過程です。プラットフォームのストアでは、デジタルプロダクトである製品を購入することが可能です。プロダクトには、たいてい文字列データタイプである ID と、有効な期間を表すタイプが与えられています。タイプは、subscriptionconsumable (再購入可能)、 non-consumable (1度だけ購入可能) が一般的です。

Google Play ストア

はじめに

  1. Write a game implementing Unity IAP. See Unity IAP Initialization and Integrating Unity IAP with your game.

  2. 後で、Google Play デベロッパーコンソールで使用するために、手元にゲームのプロダクト ID を控えておきます。

  3. リリース版で署名された Android APK をビルドします。

    TIP: キーストアファイルが安全に保存されているかを確認してください。オリジナルのキーストアは アプリの更新で Google Play のアプリを公開するときに常に必要です。

    TIP: Reuse the Bundle Version Code from your last uploaded APK during local testing to permit side-loading without first being required to upload the changed APK to the Developer Console. See the settings for the Android platform Player.

アプリケーションの登録

ゲームをパブリッシュする Google アカウントを使って、Google Play デベロッパーコンソール で Android アプリケーションを登録します。

注意: ここでは、アプリ内課金の統合をテストするのに Google Play Alpha/Beta テストアプローチ を使用しています。

注意: 「Google 課金システムでは、自分自身からアイテムを購入することができない」ため、パブリッシャーの Google アカウントを使ってテストするには、制約があります。そのため、テストを行うために、非パブリッシャーの Google アカウントを作る必要があります。

  1. __Add new application__を選択します。

  2. アプリのタイトルを入力します。アプリケーションの課金システムを設定するために、Upload APK をクリックします。後のステップで処理するストアのリストが表示されます。

ALPHA TESTING を開き、Upload your first APK to Alpha を選択します。該当する APK を選びアップロードします。

![](../uploads/Main/IAPGoogleImage3.png)
  1. アルファ版のアプリケーションをパブリッシュするには、まず Why can’t I publish? にリストされた問題を解決してから、 Publish app をクリックします。

    ヒント: Google Play Store からパブリッシュしたアルファ版のアプリケーションをダウンロードできるようになるまでに、最大 24 時間かかる場合があります。同様に、アプリケーションのアプリ内課金に変更を行った場合 (以下参照) も時間がかかる場合があります。

    警告: パブリッシュされたアプリケーションがアルファ版であることを確認してください。プロダクション版をパブリッシュすると、一般のユーザーがテストしていないのアプリケーションにアクセスしてしまいます。

アプリ内課金システム情報の追加

デベロッパーコンソールで、ゲームに 1つ以上のアプリ内課金を加えます。

  1. In-app Products を開き、Add new product を選択します。

  2. Product ID を入力し、Continue を選択します。

    Managed product_ を選択して、consumable (消費型) か non-consumable (非消費型) を特定できます。 Subscription も Unity IAP でサポートされています。

注意: この Product ID は、ゲームのソースコードで使用され AddProduct()AddProducts() を通じて Unity IAP ConfigurationBuilder インスタンスに加えられる ID と同じです。

  1. アプリ内アイテムの Title (タイトル)、 Description (説明)、 Default price (金額) を入力し、Inactive (非アクティブ) ボタンを Active (アクティブ) に変えます。

    結果

IAP のテスト

アプリ内課金システムで無料購買が可能な、テストのための特別な許可をあたえられた「テストユーザー」を指定し、アルファテスターとして登録するには、以下の手引きにしたがってください。

注意: ここでは アルファ版 / ベータ版テストの設定 を使用します。他のテストグループ化も可能です。

  1. デベロッパーコンソールで Settings > Account details > LICENSE TESTING の順で開き、アプリ内課金システムで無料購買できるテスト許可を持つテスターの Google アカウントのメールアドレスを加えます。

    NOTE: ライセンステストの設定が有効になるまで 15分ほどかかるかもしれません。

  2. License testing のリストから、テスト許可を持つアルファテスターの Google アカウントのメールアドレスのリストを作成します。

    Google アカウントのメールアドレスを追加します。名前は分かりやすいもので構いません。

  3. 処理可能となったときに (APK をパブリッシュしてから数時間経過後)、Opt-in URL をアルファテスターに知らせ、ストアからアプリケーションのインストールをしてもらいます。

    注意: IAP 内の無料購買の許可が更新されていることをテストするために、ストアにダウンロードされた既存の APK インストールを更新してアプリケーションをサイドローディングする場合があります。

  4. IAP をテストするには、アルファテスターの Google アカウントでログインし、デバイスでアイテムを購入します。改訂された購入ダイアログが表示されるので、テスト環境で無料で購入していることを確認できます。

    警告: このダイアログボックスが表示されない場合は、Alpha Tester Google Account に実際の製品の料金が課金されます。

Apple App Store と Mac App Store の設定
Windows ストアの設定