Analytics

class in UnityEngine.Analytics

マニュアルに切り替える

説明

Unity Analytics は、ゲームユーザーに対し、例えば、ユニークユーザー数(DAU/MAU)など、分析するための洞察力を提供します。

注: このリファレンスは、Unity 5.1 で Unity Analytics を使う方法について書かれています。Unity の旧バージョンで Unity Analytics を使用するには、https://analytics.cloud.unity3d.com/docs を参照してください。

具体的には、革新的な機能としてメトリックモニターやデータエクスプローラーを介して、ユーザーエンゲージメントと保持データにアクセスする機能が含まれています。さまざまなユーザー属性や特性にわたってプレーヤーのセグメンテーションを、追加の操作なしで 20 以上の利用可能な標準セグメントが自動的に適用されます。

機能の詳細については、Unity Analytics の ホームページ http://unity3d.com/unity/analytics を参照してください。

Static 変数

deviceStatsEnabledControls whether the sending of device stats at runtime is enabled.
enabledControls whether the Analytics service is enabled at runtime.
limitUserTrackingControls whether to limit user tracking at runtime.

Static 関数

CustomEventカスタムイベント(オプション)
FlushEventsAttempts to flush immediately all queued analytics events to the network and filesystem cache if possible (optional).
RegisterEventThis API is used for registering a Runtime Analytics event. It is meant for internal use only and is likely to change in the future. User code should never use this API.
SendEventThis API is used to send a Runtime Analytics event. It is meant for internal use only and is likely to change in the future. User code should never use this API.
SetUserBirthYearユーザー情報(オプション)
SetUserGenderユーザー情報(オプション)
SetUserIdユーザー情報(オプション)
Transactionアプリ内課金のトラッキング(オプション)