iOS アカウント設定
Unity XCode プロジェクトの構成

iOS ビルドプロセスの内側

エディターベースでのビルドと実行

iPhone/iPad のアプリケーションのビルドプロセスは、以下に示す2段階のプロセスです:

  1. Xcode project は、すべての必要なライブラリや、プリコンパイルされた .NET コード、シリアライズされたアセットで Unity によって生成されます。
  2. Xcode project は、Xcode でビルドされ、実際のデバイス上に配置されて実行されます。

“Build” がダイアログ Build settings“ をヒットしたとき、最初のステップだけは完了してます。”Build and Run" をヒットすると、両方のステップを実行します。 Project でダイアログを保存した場合、ユーザに、アラートが表示され、既存のフォルダーを選択します。現在、選択する2つの Xcode プロジェクト生成モードがあります。

  • replace - ターゲットフォルダーのすべてのファイルが削除され、新しいコンテンツが生成されます。
  • append - “Data” や、“Libraries” 、 project ルートフォルダーが空(から)にされ、新しく生成されたコンテンツで満たされます。Xcode project ファイルは、最新の Unity project の変更に応じて更新されます。Xcode project “Classes” サブフォルダーは、カスタムネイティブコードを置くための安全な場所と考えることができますが、定期的にバックアップを作成することをお勧めします。Append (追加) mode は、同じ Unity の iOS のバージョンで生成された既存の Xcode project だけをサポートします。

Cmd 押しながら、B を押した場合、その後、automatic build と run process が起動します。最後に使われたフォルダーをビルドの対象に想定しています。この場合、デフォルトとして append モードを想定しています。

注: 上記のステップ1は、PC や Mac上で実行することができます。Mac のみ、ステップ2を実行することができます。これは iDevice で Unity project を実行できることを意味し、Mac を持っている必要があります。

Command Line Building

Unity は一度、XCode project をビルドするために使用した後に、コマンドラインからのビルドと実行を行うことが可能です。エディターは XCode project をビルドした後、ターミナルから次の操作を行います。

unity$ xcodebuild test -destination "platform=iOS,id=400d20d00baf8d4997b47be0416cf5c44dd2d3bc" -scheme Unity-iPhone

上のコマンドラインの 400d20d00baf8d4997b47be0416cf5c44dd2d3bc は、プロジェクトを実行する iDevice の ID です。Xcode の Window > Devices メニューでデバイスの ID を決める必要があります。

iOS アカウント設定
Unity XCode プロジェクトの構成