public static int asyncUploadTimeSlice ;

説明

非同期テクスチャアップロードを使用すると、タイムスライスした非同期テクスチャをメモリーとタイムスライスを制御しながら、レンダースレッド上にアップロードできる。ドライバが行うメモリアロケーション以外、アロケーションはない。データを読み込んでテクスチャデータをアップロードするために、サイズ制御可能なリングバッファが再使用される。

Use asyncUploadTimeSlice to set the time-slice in milliseconds for asynchronous texture uploads per frame. Minimum value is 1 and maximum is 33.

using UnityEngine;
public class StartupExampleScript : MonoBehaviour
{
    void Start()
    {
        // Set Time Slice to 2 ms
        QualitySettings.asyncUploadTimeSlice = 2;
    }
}

関連項目: Quality Settings.