Logger

class in UnityEngine


実装インターフェース:ILogger, ILogHandler

マニュアルに切り替える

説明

ロガーの新しいインスタンスを初期化します。

Create a new instance or use default Debug.unityLogger. See Also: ILogger, ILogHandler.

using UnityEngine;
using System.Collections;
using System.IO;
using System;

public class MyLogHandler : ILogHandler { public void LogFormat(LogType logType, UnityEngine.Object context, string format, params object[] args) { Debug.unityLogger.logHandler.LogFormat(logType, context, format, args); }

public void LogException(Exception exception, UnityEngine.Object context) { Debug.unityLogger.LogException(exception, context); } }

public class MyGameClass : MonoBehaviour { private static string kTAG = "MyGameTag"; private Logger myLogger;

void Start() { myLogger = new Logger(new MyLogHandler());

myLogger.Log(kTAG, "MyGameClass Start."); } }

変数

filterLogTypeカスタムロガーを実装するためのインターフェース
logEnabledランタイムでデバッグをログしてる最中に [オン/オフ] を切り替えます。
logHandler Logger.ILogHandler を設定します。

コンストラクタ

Loggerカスタムのロガーを作成します。

Public 関数

IsLogTypeAllowedLogType に基づいて Logging が有効かチェックします。
Logデフォルトのロガーを使用して Unity Console にメッセージを記録します。
LogErrorエラーメッセージをログに記録する Logger.Log のバリアント
LogException例外メッセージをログに記録する Logger.Log のバリアント
LogFormatフォーマットされたメッセージを Log します。
LogWarning警告メッセージをログに記録する Logger.Log のバリアント