NetworkWriter

class in UnityEngine.Networking

マニュアルに切り替える

説明

(バイト配列にデータをシリアライズするための)UNET の汎用的シリアライザー

変数

Position内部バッファの現在位置

コンストラクタ

NetworkWriter新規に NetworkWriter オブジェクトを作成します。

Public 関数

AsArray内部で書き込みに使用されるバイト配列を返します。これはコピーではありません。
FinishMessageこれは、StartMessage() を呼び出してから設定したデータをヘッダーに入力して、Send 関数を使用して送信するために使用します。
SeekZero内部バッファの先頭に移動します。
StartMessageこれは新しいメッセージを開始します。payload として書き込んで FinishMessage() で完了させる必要があります。
ToArray書き込みに使用されるバイト配列は、使用するバイトのみコピーされ、内部でそのバイト配列を作成して返されます。
Writeオブジェクト、値、バッファ、ネットワークメッセージへの参照を NetworkIdentity コンポーネントと一緒にストリームに書き込みます。
WriteBytesAndSizeThis writes a 16-bit count and an array of bytes of that length to the stream.
WriteBytesFullこれは 16 ビットのバイト数とストリームから指定したサイズのバイト配列を書き込みます。
WritePackedUInt32これは可変長符号化を使用して 32 ビット値をストリームに書き込みます。
WritePackedUInt64これは可変長符号化を使用して 64 ビット値をストリームに書き込みます。