EditorGUI

class in UnityEditor

マニュアルに切り替える

説明

このクラスは GUI クラスの機能と同じように動作します。また、EditorGUILayout クラスと機能が一致するよう実装されています。

Static 変数

actionKeyプラットフォームに依存する " Action " する修飾子キーが押されているか。(Read Only)
indentLevelフィールドラベルのインデントラベル
showMixedValue次のコントロールが与える編集する複数の異なる値の Appearance を作成します。

Static 関数

BeginChangeCheckBeginChangeCheck と EndChangeCheck で囲んだ GUI グループ内の GUI 要素でなんらかの変更がなされたときにアクションを起こすために使用されます。
BeginDisabledGroupBeginDisabledGroup と EndDisabledGroup で囲んだ GUI グループ内の GUI 要素を操作不可にする場合に使用されます。
BeginProperty SerializedPropertyを GUI で管理しやすくするようにするためのプロパティーのラッパーである GUI グループを作成します
BoundsField Bounds を入力する Center と Extents フィールドを作成します。
BoundsIntFieldMake Position & Size field for entering a BoundsInt.
CanCacheInspectorGUIGet whether a SerializedProperty's inspector GUI can be cached.
ColorField Color を選択するフィールドをを作成します。
CurveField AnimationCurve を編集するためのフィールドを作成します。
DelayedDoubleFielddouble を入力する Delayed のフィールドを作成します。
DelayedFloatFieldfloat を入力するために Delayed Text Field を作成します。
DelayedIntField整数を入力するための Delayed Text Field を作成します。
DelayedTextFieldDelayed Text Field を作成します。
DoubleFielddouble を入力するためのテキストフィールドを作成します。
DrawPreviewTexture矩形内にテクスチャを描画します。
DrawRect現在の Editor Window 内の指定された位置とサイズに色で塗りつぶした矩形を描画します。
DrawTextureAlpha矩形内のテクスチャのアルファチャネルを描画します。
DropdownButtonMake a button that reacts to mouse down, for displaying your own dropdown content.
DropShadowLabelドロップシャドウ付きのラベルを描画します。
EndChangeCheckBeginChangeCheck () で開始していた変更チェックを終了します。
EndDisabledGroupBeginDisabledGroup で始まった Disabled group を終了します。
EndProperty BeginProperty と開始した Property Wrapper を終了します。
EnumFlagsFieldDisplays a menu with an option for every value of the enum type when clicked. An option for the value 0 with name "Nothing" and an option for the value ~0 (that is, all bits set) with the name "Everything" are always displayed at the top of the menu. The names for the values 0 and ~0 can be overriden by defining these values in the enum type.
EnumPopupenum をポップアップして選択するフィールドを作成します。
FloatFieldfloat を入力するための Text Field を作成します。
FocusTextInControl名前付きのテキストフィールドにキーボードフォーカスを移動し、コンテンツの編集を開始します。
Foldoutそれの左側に折り畳み矢印でラベルを作成します。
GetPropertyHeight PropertyField 制御に必要な高さを取得します。
HandlePrefixLabelいくつかのコントロールのラベルを作成します。
HelpBoxユーザーへのメッセージとヘルプボックスを作成します。
InspectorTitlebarInspector Window のような Titlebar を作成します。
IntField整数を入力するための Text Field を作成します。
IntPopup整数をポップアップして選択するフィールドを作成します。
IntSlider最小と最大の間の整数値をユーザーがドラッグして変更するスライダーを作成します。
LabelFieldLabel Field を作成します (読み取り専用の情報を表示するために便利です)。
LayerFieldレイヤー選択フィールドを作成します。
LongFieldlong の整数を入力するフィールドを作成します。
MaskFieldMask Field を作成します。
MinMaxSliderユーザーが最小と最大の間の範囲を指定して使用できる特別なスライダーを作成します。
MultiFloatField同じ行に複数の float を入力する Text Field とマルチコントロールを作成します。
MultiIntFieldMake a multi-control with text fields for entering multiple integers in the same line.
MultiPropertyField同じ行に複数のプロパティーフィールドとマルチコントロールを作成します。
ObjectFieldObject Field を作成します。オブジェクトをドラッグアンドドロップするか Object Picker を使用してオブジェクトを選択するかのいずれかでオブジェクトを割り当てることができます。
PasswordFieldパスワードを入力するフィールドを作成します。
Popup一般的なポップアップ選択フィールドを作成します。
PrefixLabelいくつかのコントロールの前にラベルを作成します。
ProgressBarProgress bar を作成します。
PropertyFieldUse this to make a field for a SerializedProperty in the Editor.
RectField Rect を入力する X 、 Y 、 W と H のフィールドを作成します。
RectIntFieldMake an X, Y, W & H field for entering a RectInt.
SelectableLabel選択可能な Label Field を作成します(コピーとペーストできる読み取り専用の情報を表示するために便利です)。
Slider最小と最大の間の整数値をユーザーがドラッグして変更するスライダーを作成します。
TagFieldタグを選択するフィールドを作成します。
TextAreaテキストの領域を作成します。
TextFieldText Field を作成します。
ToggleToggle を作成します。
ToggleLeftトグルを左側に、そのすぐ右側にラベルがある Toggle Field を作成します。
Vector2Field Vector2 を入力する X と Y のフィールドを作成します。
Vector2IntFieldMake an X & Y integer field for entering a Vector2Int.
Vector3Field Vector3 を入力する X 、 Y と Z のフィールドを作成します。
Vector3IntFieldMake an X, Y & Z integer field for entering a Vector3Int.
Vector4Field Vector4 を入力する X 、 Y 、 Z と W のフィールドを作成します。