public float spatialBlend ;

説明

この AudioSource は 3D 立体化の計算(減衰やドップラーなど) によってどのくらい影響を受けるか設定します。 0.0 は音を完全に 2D にし、1.0 は完全に 3D になります。

この AudioSource を 2D で聞くか 3D で聞くか決定することを除いて、このプロパティーはふたつのモードの間のモーフィングに便利です。

ステレオでパニングが決定された後、3D 空間の計算が適用され、 panStereo と組み合わせて使用することができます。

リスナーに近づく通常の 2D の音としてふたつのモード間のモーフィングは徐々に聞こえてくるべきの音のために便利です。