Touch

struct in UnityEngine

マニュアルに切り替える

説明

スクリーンに指をタッチしたときの状態を扱う構造体

デバイスはタッチスクリーン上の複数のタッチしたデータをトラッキングすることができます。その中には phase (例: 指の状態がタッチしたか、離したか、または動いたか)や位置情報、1 つの指でタッチしたか複数の指でタッチしたかどうかを判断することができるデータも含まれています。その上、フレームのアップデート間によるタッチの連続性はデバイスによって検出することが可能です。なので一貫した ID を取得することができるので特定の指の移動を把握することができます。

Touch 構造体は Unity によって 1 つのタッチ情報として保存され Input.GetTouch 関数によって取得することができます。新たに GetTouch を呼び出すと毎フレームでデバイスから最新のタッチ情報を取得することができます。また、fingerId プロパティーはフレーム間で同じ指かどうかを判断することに使用できます。

関連項目: Input.GetTouchTouchPhase 構造体

変数

altitudeAngle0 ラジアンはスタイラスが表面に対して並行であることを示し、PI/2 は垂直であることを示します。
azimuthAngle0 ラジアンは、スタイラスがデバイスの x 軸 に沿って方向を指していることを示します。
deltaPosition1 つ前にタッチしたところからの位置の変動値を返す
deltaTimeタッチ情報が最後に記録された時から経過した時間
fingerIdタッチのユニークなインデックス
maximumPossiblePressureプラットフォームで可能な圧力の最大値。Input.touchPressureSupported が false を返す場合、このプロパティーの値は常に 1.0f となります。
phaseタッチのフェーズを設定する
positionタッチしたピクセル座標
pressure現在、タッチに適用されている圧力。1.0f は平均的なタッチの圧力と考えられています。Input.touchPressureSupported が false を返す場合は、このプロパティーの値は常に 1.0f となります。
radiusタッチの半径の推定値。最大タッチサイズはこれに radiusVariance を加え、最小タッチサイズはこれから radiusVariance を差し引いて求めます。
radiusVarianceタッチによって異なる半径の値
rawPositionタッチしたピクセル座標、初期位置
tapCountタップした数を返す
typeタッチが Direct、Indirect (または Remote)、Stylus 型のいずれであるかを示します。