ShaderVariantCollection

class in UnityEngine

/

継承:Object

マニュアルに切り替える

説明

ShaderVariantCollection はどのシェーダーバリアントが各シェーダーで実際に使用されているかを記録します。

This is used for shader preloading ("warmup"), so that a game can make sure "actually required" shader variants are loaded at startup (or level load time), to avoid shader compilation related hiccups later on in the game.

Unity 内には、Different light モード、ライトマップ、シャドウなどのために多くのシェーダー内部に複数の "バリアント" があります。これらのバリアントはシェーダーパスタイプとシェーダーキーワードのセットによって識別されます。 ShaderVariant を参照してください。

ShaderVariantCollection は一般的に ( Graphics Settings で) エディターからプレイ セッションで使用されるシェーダーバリアントを記録し、アセットとしてそれらを保存し、(再度 Graphics Settings で) プリロードシェーダーのリストに追加することに使われます。さらに、手動で ShaderVariantCollection オブジェクトの WarmUp を呼び出すことができます。

一般的に ShaderVariantCollection は古い Shader.WarmupAllShaders 関数を置き換えます。

変数

isWarmedUpこれはすでにウォームアップした ShaderVariantCollection かどうか (読み取り専用)
shaderCountこのコレクションでのシェーダーの数 (読み取り専用)
variantCountこのコレクションでのバリアントの合計 (読み取り専用)

コンストラクタ

ShaderVariantCollection新しい空のシェーダーバリアントのコレクションを作成します。

Public 関数

Add新しいシェーダーバリアントをコレクションに追加します。
Clearコレクションからすべてのシェーダーバリアントを削除します。
Containsシェーダーバリアントがコレクション内にあるかどうかを確認します。
Removeコレクションからシェーダーバリエーションを追加します。
WarmUpShaderVariantCollection のシェーダーを全部読み込みます。

継承メンバー

変数

hideFlagsオブジェクトは非表示、シーンに保存、ユーザーが編集可能、などを設定する。
nameオブジェクト名

Public 関数

GetInstanceIDオブジェクトのインスタンス ID を返します
ToStringゲームオブジェクトの名前を返します

Static 関数

Destroyゲームオブジェクトやコンポーネント、アセットを削除します
DestroyImmediateDestroys the object obj immediately. You are strongly recommended to use Destroy instead.
DontDestroyOnLoad新しいシーンを読み込んでもオブジェクトが自動で破壊されないように設定します
FindObjectOfTypeタイプ type から最初に見つけたアクティブのオブジェクトを返します
FindObjectsOfTypeタイプから見つけたすべてのアクティブのオブジェクト配列を返します
Instantiateoriginal のオブジェクトをクローンします

Operator

boolオブジェクトが存在するかどうか
operator !=二つのオブジェクトが異なるオブジェクトを参照しているか比較します
operator ==2つのオブジェクト参照が同じオブジェクトを参照しているか比較します。