Version: 2021.3
ShaderLab: マテリアルプロパティの定義
ShaderLab: カスタムエディターの割り当て

ShaderLab: フォールバックの割り当て

このページには、ShaderLab コードで Fallback ブロックを使用して、フォールバックの Shader オブジェクトを割り当てるための情報が含まれています。シェーダーオブジェクトがどのように機能するか、そして Unity がいつフォールバックを使用するかをどのように選択するかについては、Shader objects introduction を参照してください。

レンダーパイプラインの互換性

機能名 ビルトインレンダーパイプライン ユニバーサルレンダーパイプライン (URP) HD レンダーパイプライン (HDRP) カスタム SRP
ShaderLab: Fallback ブロック

Fallback ブロックの使用

フォールバックを割り当てるには、Fallback ブロックを Shader ブロックの中に配置します。

シグネチャ 機能
Fallback "<name>" 互換性のある SubShader が見つからない場合は、名前付きのシェーダーオブジェクトを使用します。
Fallback Off Do not use a fallback Shader object in place of this one. If no compatible SubShaders are found, display the error shader.

フォールバックのコード例

このサンプルコードでは、名前付きの Fallback を持つシェーダーオブジェクトを作成するための構文を示しています。

Shader "Examples/ExampleFallback"
{
    SubShader
    {
        // SubShader を定義するコードをここに記述

        Pass
        {                
              // Pass を定義するコードをここに記述
        }
    }

    Fallback "ExampleOtherShader"
}
ShaderLab: マテリアルプロパティの定義
ShaderLab: カスタムエディターの割り当て