Version: 2021.3
ファイルサイズの削減
トラブルシューティング

ビルドプレイヤーパイプライン

When building a player, you sometimes want to modify the built player in some way. For example you might want to add a custom icon, copy some documentation next to the player or build an Installer. You can do this via editor scripting using BuildPipeline.BuildPlayer to run the build and then follow it with whatever postprocessing code you need:

// C# の例
using UnityEditor;
using System.Diagnostics;

public class ScriptBatch 
{
    [MenuItem("MyTools/Windows Build With Postprocess")]
    public static void BuildGame ()
    {
        // ファイル名を取得
        string path = EditorUtility.SaveFolderPanel("Choose Location of Built Game", "", "");
        string[] levels = new string[] {"Assets/Scene1.unity", "Assets/Scene2.unity"};

        // プレイヤーをビルド
        BuildPipeline.BuildPlayer(levels, path + "/BuiltGame.exe", BuildTarget.StandaloneWindows, BuildOptions.None);

        // ビルドしたゲームと一緒に、プロジェクトフォルダーからビルドフォルダーにファイルをコピーします
        FileUtil.CopyFileOrDirectory("Assets/Templates/Readme.txt", path + "Readme.txt");

        // ゲームを実行 (System.Diagnostics のクラスを処理します)
        Process proc = new Process();
        proc.StartInfo.FileName = path + "/BuiltGame.exe";
        proc.Start();
    }
}

PostProcessBuild 属性

PostProcessBuildAttributeの postprocessOrder パラメーターによってビルドメソッドの実行順を定義し、最後のメソッドで Process クラスによって外部スクリプトを呼び出すことが可能です。このパラメーターは昇順でソートされ、使用します。そして負、または正の値を設定することができます。

ファイルサイズの削減
トラブルシューティング