Experimental: this API is experimental and might be changed or removed in the future.

ScriptedImporterEditor

class in UnityEditor.Experimental.AssetImporters

/

継承:Experimental.AssetImporters.AssetImporterEditor

マニュアルに切り替える

説明

Default editor for source assets handled by Scripted Importers.

Public 関数

OnInspectorGUIImplement this method to customize how Unity's Asset inspector is drawn for an Asset managed by a ScriptedImporter.

継承メンバー

変数

showImportedObjectShould imported object be shown as a separate editor?
useAssetDrawPreviewDetermines if the asset preview is handled by the AssetEditor or the Importer DrawPreview
serializedObjectobject や objects の SerializedObject
targetターゲットとなるオブジェクト
targets複数選択された場合のターゲットとなるオブジェクト群
hideFlagsShould the object be hidden, saved with the Scene or modifiable by the user?
nameオブジェクト名

Public 関数

HasModifiedDetermine if the import settings have been modified.
OnDisableThis function is called when the editor object goes out of scope.
OnEnableオブジェクトがロードされたとき、この関数は呼び出されます。
DrawDefaultInspectorデフォルトのインスペクターを描画します
DrawHeaderEditor のヘッダーを描画するためにはこの関数を呼び出します。
DrawPreviewプレビュー描画するための最初のエントリーポイントです。
GetInfoStringプレビューにアセットの情報を表示するにはこのメソッドを使用します。
GetPreviewTitleプレビューのタイトルを変更したい場合はこのメソッドをオーバーライドします。
HasPreviewGUI OnPreviewGUI を実装する場合は、サブクラスでこのメソッドをオーバーライドします。
OnInteractivePreviewGUI自身のカスタムのインタラクティブなプレビューを作成するために実装します。カスタムのインタラクティブなプレビューはインスペクター上のプレビューエリアとオブジェクト選択ツールで使用されます
OnPreviewGUI自身のカスタムのプレビューをインスペクター上のプレビューエリア、プライマリ Editor ヘッダーとオブジェクト選択ツールで作成するために実装します。
OnPreviewSettingsプレビューのヘッダーを自由にカスタマイズしたい場合にオーバーライドして使用します。
RenderStaticPreviewOverride this method if you want to render a static preview.
Repaintこの Editor を表示しているインスペクターを再描画させます。
RequiresConstantRepaintこの編集結果は現在の状態で常に再描画される必要があるかどうか。
UseDefaultMarginsデフォルトのマージンを取らせたくない場合、Editor を継承したクラスでメソッドをオーバーライドし、false を返すようにします
GetInstanceIDオブジェクトのインスタンス ID を返します
ToStringReturns the name of the GameObject.

Protected 関数

ApplySaves any changes from the Editor's control into the asset's import settings object.
ApplyButtonImplements the 'Apply' button of the inspector.
ApplyRevertGUIAdd's the 'Apply' and 'Revert' buttons to the editor.
AwakeThis function is called when the Editor script is started.
OnApplyRevertGUIProcess the 'Apply' and 'Revert' buttons.
ResetValuesReset the import settings to their last saved values.
RevertButtonImplements the 'Revert' button of the inspector.
ShouldHideOpenButtonReturns the visibility setting of the "open" button in the Inspector.

Static 関数

CreateCachedEditor previousEditor は targetObject か targetObjects のためのエディターです。エディターがすでにオブジェクトを追跡しているか previousEditor を破棄して新しいのを作成する場合に関数はどちらかを返します。
CreateCachedEditorWithContextCreates a cached editor using a context object.
CreateEditor targetObject や複数の targetObjects のためのカスタムエディターを作成します。
CreateEditorWithContextMake a custom editor for targetObject or targetObjects with a context object.
Destroyゲームオブジェクトやコンポーネント、アセットを削除します
DestroyImmediateDestroys the object obj immediately. You are strongly recommended to use Destroy instead.
DontDestroyOnLoadMakes the object target not be destroyed automatically when loading a new Scene.
FindObjectOfTypeタイプ type から最初に見つけたアクティブのオブジェクトを返します
FindObjectsOfTypeタイプから見つけたすべてのアクティブのオブジェクト配列を返します
Instantiateoriginal のオブジェクトをクローンします
CreateInstanceScriptableObject のインスタンスを作成します。

Operator

boolオブジェクトが存在するかどうか
operator !=二つのオブジェクトが異なるオブジェクトを参照しているか比較します
operator ==2つのオブジェクト参照が同じオブジェクトを参照しているか比較します。

メッセージ

OnSceneGUIEnables the Editor to handle an event in the Scene view.
Awake ScriptableObject スクリプトを開始するとき、この関数は呼び出されます。
OnDestroyScriptableObject が破棄されるとき、この関数は呼び出されます。
OnDisableScriptableObject クラスのオブジェクトがスコープを外れるとき、この関数は呼び出されます。
OnEnableオブジェクトがロードされたとき、この関数は呼び出されます。

Events

finishedDefaultHeaderGUIAn event raised while drawing the header of the Inspector window, after the default header items have been drawn.