説明

Behaviour が有効の場合、LateUpdate は毎フレーム呼びだされます

LateUpdate は Update 関数が呼び出された後に実行されます。 これはスクリプトの実行順を決める時に便利です。例えばカメラを追従するには Update で移動された結果を基に常に LateUpdate で位置を更新する必要があります。

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class ExampleClass : MonoBehaviour {

void LateUpdate () { transform.Translate(0, Time.deltaTime, 0); } }

LateUpdate を最後に呼び出した時からの経過時間を取得するには Time.deltaTime を使用します。 この関数は Behaviour が有効化されている場合のみ呼び出されます。 独自にコンポーネントの機能を加える場合、この関数をオーバーライドしてください。