Version: 5.4 (switch to 5.5b)
言語English
  • C#
  • JS

Script language

Select your preferred scripting language. All code snippets will be displayed in this language.

Camera.layerCullDistances

Suggest a change

Success!

Thank you for helping us improve the quality of Unity Documentation. Although we cannot accept all submissions, we do read each suggested change from our users and will make updates where applicable.

Close

Sumbission failed

For some reason your suggested change could not be submitted. Please try again in a few minutes. And thank you for taking the time to help us improve the quality of Unity Documentation.

Close

Cancel

マニュアルに切り替える
public var layerCullDistances: float[];
public float[] layerCullDistances;

Description

レイヤー単位のカリング距離。

通常、カメラは farClipPlane よりも遠くにあるオブジェクトのレンダリングはスキップします。 layerCullDistance を使用する、より少ないカリング距離を使用するためにいくつかの Layers を設定することができます。 適切なレイヤーに入れた場合、早い段階で小さいオブジェクトを映さなくするのに非常に有用です。

layerCullDistances を割り当てる際には、32 個の値を持つ float 配列を割り当てる必要があります。 cull distance が 0 というのはつまり、「 far plane distance を使用する」という意味です。

通常、レイヤー単位のカリングはカメラと整列されている平面を使用します。 カメラの layerCullSpherical を true に設定することで、これを球に変更することができます。

no example available in JavaScript
	using UnityEngine;
using System.Collections;

public class ExampleClass : MonoBehaviour { void Start() { Camera camera = GetComponent<Camera>(); float[] distances = new float[32]; distances[10] = 15; camera.layerCullDistances = distances; } }

See Also: farClipPlane. See Also: layerCullSpherical.