エッジ検出
魚眼レンズ

エッジ検出エフェクト法線マップ

Edge Detect (エッジ検出)画像効果はシーンの物体を考慮したうえでエッジの周りに輪郭線を作成します。エッジはカラーの差ではなく表面法線や隣接するピクセルのカメラからの距離により判定されます(法線マップは「矢印」であり、特定のピクセルの位置において表面が向いている方向を示します)。一般に、2 つの隣接するピクセルがカメラからの法線距離が著しく異なる場合、シーンにエッジが描画されます。

その他の イメージエフェクト と同様に、このエフェクトは Standard Assets をインストールすることで使用できます。

Edge Detection (エッジ検出)の例。Antialias (アンチエイリアス)を Edge Detection に続けて追加していることによりエッジの輪郭線をスムージングすることがでできます。
Edge Detection (エッジ検出)の例。Antialias (アンチエイリアス)を Edge Detection に続けて追加していることによりエッジの輪郭線をスムージングすることがでできます。

このエフェクトは ImageEffectOpaque プロパティーを使用し、画像効果が透過レンダリングパスより先に実行しています。デフォルトでは、ImageEffectは不透明と透明パスが完全にレンダリングされた後に実行されます。

プロパティー

プロパティー: 説明:
Mode フィルターの種類を選択します(以下を参照)
Depth Sensitivity 隣接するピクセル間の距離の差でエッジが描画される最低距離
Normals Sensitivity 隣接するピクセル間の法線の差でエッジが描画される最低距離
Sampling Distance より大きなサンプリング距離(デフォルトは 1.0 )により厚いエッジが作成されるが、ハロー効果により白くぼんやり見えてしまう画像の乱れが発生します
Edges exponent Sobel (ソーベル)フィルターに使用される指数 小さい値であるほど、デプス差が小さい場合もエッジ検出します。
Background options
Edges only 固定の色で背景をブレンドします
Background Edges only が 0 よりも大きい場合に使用される色

フィルターの種類

新しい SobelDepthThin フィルターによりエッジ検出が他のデプスベースの画像効果( Depth of Field、Fog, Motion Blur )とともに機能します。理由はエッジがオブジェクトのシルエットを超えないためです。

エッジがフォーカスされてない背景に漏れておらず、同時に背景のブラーは作成されたエッジを取り除きません。
エッジがフォーカスされてない背景に漏れておらず、同時に背景のブラーは作成されたエッジを取り除きません。

Depth のみがエッジ検出に用いられていることに注意してください。このフィルターはシルエットの中のエッジは無視します。

SobelDepth は同様に機能するが、オブジェクトのシルエットの外のエッジを無視しません。このため、エッジ検出はより精度が高いですが他のデプスベースエフェクトとともにうまく機能しません。

Depth と Normal の両方からピクセルがエッジであるか判断するにも関わらず TriangleDepthNormals はほとんどの場合にもっとも処理負荷が軽いフィルターです。すなわち、オブジェクトのシルエット以外にも検出します。しかしながら、大量の法線マップの詳細があると、フィルターが機能しない場合があります。

RobertsCrossDepthNormalsTriangle フィルターと同じプロパティーを共有しますが、エッジ検出のためにより多くのサンプリングを行います。副作用として、結果的にエッジが厚くなりがちです。

ハードウェア要件

このエフェクトは、Depth Texture をサポートするグラフィックスカードが必須です。 グラフィックスハードウェアの機能とエミュレーションを参照してください。

エッジ検出
魚眼レンズ