カラーコレクションカーブ
カラー コレクション ルックアップ テクスチャ

Color Correction Ramp Texture

Color Correction を使用すると、シーンに任意のカラーコレクションエフェクト(Photoshop や Gimp のカーブツールのような)を適用することができます。このページでは、Photoshop でカラーコレクションを設定してから正確に Unity 実行時に「完全に同じ」カラーコレクションを適用する方法を説明します。

他のイメージエフェクトのように、Standard Assetsをインストールする必要があります。

シーンにカラー コレクションを適用。使用したカラーランプ(拡大図)が右側に表示されています。
シーンにカラー コレクションを適用。使用したカラーランプ(拡大図)が右側に表示されています。
上記のイメージに使用されるカラーランプ。
上記のイメージに使用されるカラーランプ。

Photoshop のカラーコレクションを Unity に取得

  1. ゲームの典型的なシーンのスクリーンショットを撮ります
  2. Photoshop で開き、カラーコレクションを行う。メニューで Image->Adjustments->Curves を開きます
  3. .acvファイルをダイアログからメニューで Save… にて保存する
  4. Photoshop メニューで Pro Standard Assets->Image Based->color correction ramp.png を開きます
  5. ここでランプイメージにカラーコレクションを適用します。メニューで Image->Adjustments->Curves を再び開き.acvファイルを読み込みます
  6. Unity で使用してるカメラを選択肢メニューで Component->Image Effects->Color Correction を選択してカラー コレクション エフェクトを追加します。変更したカラーランプを選択します。
  7. 再生された効果を見るために Play を押下します

詳細

カラーコレクションは、カラーランプイメージ(サイズ256x1)を通して元の画像の色を再マッピングすることにより動作します。

  1. (original.red + RampOffsetR ) インデックスにて、result.red = ランプイメージのピクセルの red 値
  2. (original.green + RampOffsetG ) インデックスにて、result.green = ランプイメージのピクセルの green 値
  3. (original.blue + RampOffsetB ) index にて、result.blue = ピクセルの blue 値 だから例えば画像の色を反転する場合、元のカラーランプを水平に反転するのみです。(黒から白を、白から黒に変更するように)

ただ単純に輝度のみに基づいてカラーの再マッピングをするには グレースケール を使用することで達成できます。

ヒント:

  • カラーコレクション ランプイメージはミップマップを持つべきではありません。Import Settings でそれらをオフにします。また Clamp モードに設定する必要があります。

ハードウェアサポート

このエフェクトは Unity がサポートするすべてのハードウェア上で実行されるべきものです。

カラーコレクションカーブ
カラー コレクション ルックアップ テクスチャ