アンチエイリアス
ブルーム (最適化)

ブルーム

Blooming (ブルーム)とは明るい光源(例えば、閃光のような)からの光が周囲の物体に漏れるように見える光学効果である。Bloom エフェクトはブルームを追加したうえで、さらに非常に効率的な方法でレンズフレアを自動生成します。ブルームはシーンに大きな違いを生む効果であり、と HDR レンダリングと一緒に使用して、魔法や夢の中の世界のような印象を与える非常に特徴的な効果である。一方、適切な設定が与えることで、この効果を利用した写真のようなリアリティを向上させることも可能です。非常に明るいオブジェクトの周りの輝きは、輝度が大幅に異なる場合のよくある現象として、映画や写真の中で観察されます。ブルームはシンプルながら最適化された Bloom (Optimized)ブルームとフレア エフェクトを拡張した機能です。

これは、Bloom エフェクトによって作成された、適切な HDR の輝きを表示する例です。このシーンでは、ブルームは HDR 反射や、ハイライト、放出のみ 1.0 の閾値を使って表面を輝かせますが、通常のライトでは一般的に影響は受けません。この例では、車の窓のみが(太陽を HDR 反射したものが)光り輝いています。
これは、Bloom エフェクトによって作成された、適切な HDR の輝きを表示する例です。このシーンでは、ブルームは HDR 反射や、ハイライト、放出のみ 1.0 の閾値を使って表面を輝かせますが、通常のライトでは一般的に影響は受けません。この例では、車の窓のみが(太陽を HDR 反射したものが)光り輝いています。
こちらは Bloom エフェクト無しで表示した同じのシーンです。Bloom を使用することでシーンにリアルさを加えられます。
こちらは Bloom エフェクト無しで表示した同じのシーンです。Bloom を使用することでシーンにリアルさを加えられます。
 Bloom エフェクトによって作成された Anamorphic Lens Flares の例
Bloom エフェクトによって作成された Anamorphic Lens Flares の例

その他の イメージエフェクト 同様、このエフェクトは Standard Assets をインストールすることで使用できます。

プロパティー

プロパティー: 説明:
Quality High で高品質、高周波数を維持し、エイリアシング低減します。
Mode 高度なオプションを表示するには Complex モードを選択します。
Blend カラーバッファに Bloom を追加するために使用するメソッド。柔らかい Screen モードは、明るい画像のディテールを保持するのによいですが、HDR では動作しません。
HDR Bloom が HDR バッファを使用しているかどうかピクセル強度が、[0, 1] の範囲から出るかもしれないので、異なった見た目になる。詳細は トーンマッピングHDR を参照してください。
Intensity 追加されたライトのグローバルライト強度( Bloom、Lens Flares に影響します)。
Threshold 画像領域の中でこのしきい値より明るい領域はブルーム(また潜在的に Lens Flare )の影響を受けます。
RGB Threshold R、G、B で異なる閾値を選択します。
Blur iterations ガウスブラーが適用される回数。反復回数が多いほど平滑性を向上させますが、周波数ノイズを隠すなどさらに処理時間がかかります。
Sample distance ブラーの最大半径。パフォーマンスには影響しません。
Lens Flares Lens Flare のタイプ。オプションは GhostingAnamorphic 、あるいはふたつの組み合わせです。
Local intensity Lens Flare のためだけに使用するローカル強度。0 にすると Lens Flare は完全に無効。
Threshold 画像の部分が Lens Flare を受けるかを定義する累積ライト強度のしきい値。

ブレンドモード: Add と Screen

ブレンドモードはオーバーレイ時に 2 つの画像を合成する方法を決定します。ベースの画像から各ピクセルは、オーバーレイ画像での対応する位置のピクセルと数学的に組み合わせます。Unity のイメージエフェクトは Add、Screen 二つのブレンドモードが用意されています。

Add モード

画像が Add モードでブレンドされている場合、カラーチャネル(赤、緑、青)の値は、単純に足し合わされ、最大でも値は 1 となります。全体的な効果として最終的には、明るくない画像の領域をもっとも明るい部分に溶け込むことができます。最終的なイメージは色やディテールを失うため、Add モードは、まぶしいホワイトアウト効果が必要な場合に便利です。

Screen モード

白いスクリーン上に同時 2 つのソース画像を投影する効果をシミュレートしているので、Screen モードと命名されています。各カラーチャネルは、別々に同じ値を合成します。まず、2 つのソースピクセルのカラーチャネルの値が反転されます。(すなわち 1 から値を引き算します)次に、反転した 2 つの値が乗算され、その結果が反転されます。結果は、2 つのソースピクセルのどちらよりも明るくなる一方で、最大の明るさになるために元の色のどちらか一つも最大の明るさであった場合のみになります。全体的な効果としては、ソース画像より多くのカラーバリエーションとディテールが保持されるため、Add モードよりも緩やかな効果につながります。

ハードウェア要件

このエフェクトは Unity がサポートしているすべてのハードウェア上で動作するはずです。

アンチエイリアス
ブルーム (最適化)