イメージエフェクト
ブルーム

アンチエイリアス

アンチエイリアス イメージエフェクトは、エイリアシングを防ぐために設計されたアルゴリズムを使い、グラフィックスの見た目をより滑らにします。エイリアシングは線がギザギザに見えたり、階段状になる現象です (下の左側の画像)。これは、グラフィックス出力装置が直線を表示するために十分な解像度を持たないときに発生します。

アンチエイリアスでは、色の中間シェーダーでギザギザの線を囲みそれらの突起を減らします。線のギザギザを軽減できても、見た目がぼんやりしてしまいます。

左のシーンはアンチエイリアスなしでレンダリングされており、右のシーンは FXAA1PresetB アルゴリズムのエフェクトを表示している
左のシーンはアンチエイリアスなしでレンダリングされており、右のシーンは FXAA1PresetB アルゴリズムのエフェクトを表示している

アンチエイリアスのアルゴリズムは画像ベースです。これは、以前から行われているマルチサンプリングが適切にサポートされない deferred レンダリング (例えば、deferred シェーディングや HDR レンダリングを使用するとき) にとても役に立ちます 。

現在サポートされているアルゴリズムは以下のとおりです。

  • NVIDIA の FXAA, FXAA II, FXAA III (調節可能で、コンソールに最適化されています)
  • NFAA, SSAA (ローカルのエッジだけをぼんやりさせるより簡易なエッジのぼかし)
  • ロングエッジを処理する DLAA アルゴリズムの適用

SSAA は、もっとも高速な技術で、その後に NFAA, FXAA II, FXAA III, DLAA, その他の FXAA 技術が続きます。たいてい、アンチエイリアスの質はアルゴリズムの速さとのトレードオフです。しかし、アルゴリズムを変えてもほとんど結果に違いが出ない場合もあります。

コンソールのデプロイに特に興味がある人は、最適化した FXAA III の実装によって品質とパフォーマンスの最良のバランスを得ることができ、よりシャープな、または、ぼんやりした見た目に調整することができます。

アンチエイリアスイメージエフェクトを使用するには、他の イメージエフェクト と同様に、Standard Assets エフェクトパッケージをインストール する必要があります。

プロパティー

プロパティー: 説明:
AA Technique 使用アルゴリズム

ハードウェアサポート

このイメージエフェクトには、Shader Model 3 をサポートするグラフィックカードが必要です。 詳細は、[グラフィックスハードウェアの機能とエミュレーション](GraphicsEmulation)のページと準拠したハードウェアのリストを参照してください。

イメージエフェクト
ブルーム