プロジェクター
イメージエフェクト

イメージエフェクト

ここではすべての レンダーテクスチャ を基にした全画面のイメージエフェクトを紹介します。創作に多くの時間をつぎ込むことなく、ゲームの見た目と雰囲気を良くします。

イメージ ポストプロセス エフェクトは、物理カメラとフィルムプロパティー、例えば、BloomDepth Of Fieldトーンマッピングカラーコレクションカーブなどをシミュレートするのにとても頻繁に使用されます。

Unity は、Standard Assets エフェクトパッケージとして数多くのイメージエフェクトを提供していますが、ユーザー独自のポストプロセス エフェクトを書くことも可能です。詳細は、Writing Image Effects を参照してください。

以下にイメージエフェクトありと無しのシーンを表示しています。

画像後処理効果なしのシーン
画像後処理効果なしのシーン

複数の画像効果を、同じカメラで スタック されます。ただ追加するだけで、機能します。

同じカメラに追加されたぼやけとノイズ
同じカメラに追加されたぼやけとノイズ
プロジェクター
イメージエフェクト