ネットワークビュー(旧)
RPC の詳細(旧)

Network View

(このクラスは、旧ネットワークシステムの一部であり、非推奨となりました。新システムの NetworkIdentity を参照してください。)

Network View は、Unity でマルチプレイヤーのネットワークゲームを作成するための入り口です。使いやすく、強力です。このため、ネットワークビューで作業を開始する前に、ネットワークに関する基本的な原理を理解しておくことをお勧めします。旧ネットワークリファレンスガイド で基本的な原理を学ぶことができます。

State SynchronizationRemote Procedure Calls を含むネットワーク機能を使用するには、ゲームオブジェクト にネットワークビューを追加させる必要があります。

プロパティー

プロパティー: 説明:
State Synchronization このネットワークビューで使用される 状態同期の詳細(旧) のタイプ。
        Off State Synchronization が使用されません。RPC の詳細(旧) のみを送信したい場合に最適です。
        Reliable Delta Compressed 最後の状態と現在の状態の差が送信されます。何も変更されていない場合は、何も送信されません。このモードは順序付けられます。パケットが失われた場合は、失われたパケットが自動的に再送信されます。
        Unreliable 完全な状態が送信されます。より多くの帯域幅を使用しますが、パケット損失の影響は最小化されます。
Observed ネットワークに送信される コンポーネント データ。
View ID このネットワークビューに対する一意の識別子。これらの値はインスペクターでは読み取り専用です。
        Scene ID この特定のシーンでのネットワークビューの ID 番号。
        Type ランタイムに SceneAllocated に保存されます。

詳細

ゲームオブジェクトをネットワークビューに追加する場合、次の 2 つを決定する必要があります。

  1. ネットワークビューに送信したいデータの種類。
  2. そのデータの送信方法。

送信データの選択

ネットワークビューの Observed プロパティーは、1 つのコンポーネントを含むことができます。このコンポーネントには、トランスフォームアニメーションリジッドボディ やスクリプトがあります。Observed コンポーネントがなんであれ、それに関するデータがネットワーク上で送信されます。ドロップダウンからコンポーネントを選択するか、コンポーネントヘッダーを直接変数にドラッグできます。RPC コールなどを使用して、直接データを送信しない場合は、同期をオフにし (データが直接送信されません)、Observed プロパティーとして何も設定する必要はありません。RPC コールは、ネットワークビューが 1 つあればよいので、ビューがすでに存在している場合は、RPC にビューを追加する必要はありません。

データの送信方法

Observed コンポーネントのデータを送信するには、State SynchronizationRemote Procedure Calls のいずれかを用います。

State Synchronization を使用するには、ネットワークビューの State SynchronizationReliable Delta CompressedUnreliable のいずれかに設定します。Observed コンポーネントのデータがネットワーク上で自動的に送信されます。

Reliable Delta Compressed は順序付けられます。パケットは常に送信順に受信されます。パケットが失われると、そのパケットは再送信されます。それ以降のパケットはすべて失われたパケットが受信されるまで、キューに入れられます。最後の送信値と現在の送信値間の差のみが送信され、差がない場合は何も送信されません。

スクリプトに従う場合は、スクリプト内でデータを明確にシリアライズする必要があります。これは OnSerializeNetworkView() 関数内で行います。

using UnityEngine;
using UnityEngine.Network;
using System.Collections;

public class ExampleScript : MonoBehaviour {
    void OnSerializeNetworkView (BitStream stream, NetworkMessageInfo info) {
        float horizontalInput = Input.GetAxis ("Horizontal");
        stream.Serialize (horizontalInput);
    }
}

C# スクリプトの例

function OnSerializeNetworkView (stream : BitStream, info : NetworkMessageInfo) {
    var horizontalInput : float = Input.GetAxis ("Horizontal");
    stream.Serialize (horizontalInput);
}

JS スクリプトの例

アップデートを受信し、そうでない場合に、ストリームに書きこむ変数からの読み取り値を受信すると、上記の関数は常に (ストリームからのアップデートを) horizontalInput に書き込みます。アップデートを受信や、送信した際にこれと別のことを行いたい場合、BitStream クラスの isWriting 属性を使用できます。

using UnityEngine;
using UnityEngine.Network;
using System.Collections;

public class ExampleScript : MonoBehaviour {
    void OnSerializeNetworkView (BitStream stream, NetworkMessageInfo info) {
        float horizontalInput = 0.0;
        if (stream.isWriting) {
            // Sending
            horizontalInput = Input.GetAxis ("Horizontal");
            stream.Serialize (horizontalInput);
        } else {    
            // Receiving
            stream.Serialize (horizontalInput);
            // ... do something meaningful with the received variable
        }
    }
}

C# スクリプトの例

function OnSerializeNetworkView (stream : BitStream, info : NetworkMessageInfo) {
    var horizontalInput : float = 0.0;
    if (stream.isWriting) {
        // Sending
        horizontalInput = Input.GetAxis ("Horizontal");
        stream.Serialize (horizontalInput);
    } else {
        // Receiving
        stream.Serialize (horizontalInput);
        // ... do something meaningful with the received variable
    }
}

JS スクリプトの例

OnSerializeNetworkView が、ネットワークマネージャのプロジェクト設定で指定された sendRate にしたがって呼び出されます。デフォルトでは、これは 1 秒あたり 15 回になります。

スクリプトでリモートプロシージャコールを使用したい場合は、スクリプトが追加された同じゲームオブジェクトにある NetworkView コンポーネントだけ必要になります。NetworkView は、他の何かを行うのに使用でき、あるいは、RPC の送信にのみ使用する場合は、スクリプトに従わず、状態同期化をオフできます。ネットワークから呼び出せる関数には、@RPC 属性が必要です。同じゲームオブジェクトに追加されたスクリプトから、networkView.RPC() を呼び出して、リモートプロシージャコールを実行します。

using UnityEngine;
using UnityEngine.Network;
using System.Collections;

public class ExampleScript : MonoBehaviour {
    GameObject playerBullet;
    NetworkView networkView;

    void Start () {
        networkView = new NetworkView ();
    }

    void Update () {
        if (Input.GetButtonDown ("Fire1")) {
            networkView.RPC ("PlayerFire", RPCMode.All);
        }
    }
    
    [RPC]
    void PlayerFire () {
        Instantiate (playerBullet, playerBullet.transform.position, playerBullet.transform.rotation);
    }
}

C# スクリプトの例

var playerBullet : GameObject;

function Update () {
    if (Input.GetButtonDown ("Fire1")) {
        networkView.RPC ("PlayerFire", RPCMode.All);
    }
}

@RPC
function PlayerFire () {
    Instantiate (playerBullet, playerBullet.transform.position, playerBullet.transform.rotation);
}

JS スクリプトの例

RPC は高い信頼性で送信され、順序付けられます。RPC の詳細については、RPC の詳細(旧) ページを参照してください。

ヒント

  • ネットワークビューの使用方法がまだ不明の方は、旧ネットワークリファレンスガイド を参照してください。
  • リモートプロシージャコールを使用するのに、State Synchronization を無効にする必要はありません。
  • 複数のネットワークビューがあり、その内の 1 つで RPC を呼び出したい場合は、GetComponents(NetworkView)[i].RPC() を使用してください。
ネットワークビュー(旧)
RPC の詳細(旧)