Importing models from 3D modeling software
グラフィックスチュートリアル

立体視を行う方法

DirectX11.1 の 3D 立体視(Stereoscopic Rendering)をサポートしています。

最小の要求環境は以下のとおりです。

  • Windows 10
  • Graphic card that supports DirectX 11.
  • The graphics card driver needs to be set up with stereo support, and you need to use a dual DVI or DisplayPort cable; a single DVI is not enough.

The Stereoscopic checkbox in the Player settings is strictly for DirectX 11.1’s stereoscopic 3d support. It doesn’t currently use AMD’s quad buffer extension. Make sure that this sample works on your machine. Stereo support works both in fullscreen and windowed mode.

ゲームを立ち上げる際に、解像度ダイアログが出るまで Shift キーを押し続けてください。使用可能なディスプレイが検出された場合、解像度ダイアログに3D 立体視のチェックボックスが出てきます。API に関わるオプションが、カメラ用にいくつかあります。 stereoEnabled、stereoSeparation、stereoConvergence です。効果を調整するのに使ってください。シーンに必要なカメラは一つだけです。両目用のレンダリングは、これらのパラメーターから処理されます。

Note that this checkbox is not for VR headsets. ​

  1. このサンプル を使って、正しく設定されているかチェックしてください。
  2. Check the Stereoscopic Rendering and Use Direct3D 11 checkboxes in the Player settings.
  3. 32ビット、64ビットのアプリケーションとして公開します。
  4. 1つまたは2つのカメラでアプリケーションを試します。
  5. Hold Shift when launching the application to see Stereo 3D checkbox in the resolution dialog. The resolution dialog might be suppressed or always enabled depending on the Project’s Player settings.

メモ:現状、Unity をリニアレンダリングのカラースペースに設定すると、立体視レンダリングが壊れます。これは、Direct3D の制限から起こります。リアルタイムシャドウが有効な場合、camera.stereoconvergence パラメータはまったく効果がありません( forward rendering において)。Deferred Lighting では、いくらか影ができますが、右目と左目では矛盾が生じます。

Importing models from 3D modeling software
グラフィックスチュートリアル