NetworkManager コールバック
ネットワークメッセージ

NetworkBehaviour コールバック

ネットワーク マネージャーコールバック 同様、ホストの起動、プレイヤーの参加、プレイヤーの離脱など、マルチプレイヤーゲームの通常の操作の過程で発生しうるネットワークの挙動に関係するイベントは多くあります。これらのイベントにはそれぞれ関連する コールバック があります。これは、イベントが発生したときに実行するために独自のコード内に実装します。

NetworkBehaviour継承 する独自のスクリプトを作成する必要があります。 その後、指定されたイベントが発生したときに何を発生させるべきかを実装して NetworkBehaviour クラスの仮想メソッドを オーバーライド します。

以下に、NetworkBehaviour で実装できるすべての仮想メソッド (コールバック) とその発生タイミングをリストしています。 ゲームは ホストクライアントサーバーのみ の 3 つのモードの内の 1 つで実行できます。各モードのコールバックは以下の通りです。

サーバーモードでのコールバック

クライアントが接続するとき

  • OnStartServer

  • OnRebuildObservers

  • Start() 関数の呼び出し

クライアントモードでのコールバック

クライアントが接続するとき

  • OnStartClient

  • OnStartLocalPlayer

  • OnStartAuthority

  • Start() 関数の呼び出し

ホストモードでのコールバック

これらは、クライアントが接続するとき、 プレイヤーゲームオブジェクト でのみ呼び出されます。

  • OnStartServer

  • OnStartClient

  • OnRebuildObservers

  • OnStartAuthority

  • OnStartLocalPlayer

  • Start() 関数の呼び出し

  • OnSetLocalVisibility

任意のクライアントが接続を切った時に、それ以外のすべてのクライアント上で呼び出されます

  • OnNetworkDestroy
NetworkManager コールバック
ネットワークメッセージ