Windows ランタイムサポート
IL2CPP ビルド時間の最適化

IL2CPP のしくみ

IL2CPP でビルドを始める際に、Unity は自動的に以下の処理を行います。

  1. Compiles Unity Scripting API code to regular .NET DLLs (managed assemblies).

  2. Applies managed bytecode stripping. This step significantly reduces the size of a built game.

  3. Converts all managed assemblies to standard C++ code.

  4. Compiles the generated C++ code and the runtime part of IL2CPP with a native platform compiler.

  5. Links the code into either an executable file or a DLL, depending on the platform you are targeting.

IL2CPP を使ってプロジェクトをビルドする場合の、自動処理の図
IL2CPP を使ってプロジェクトをビルドする場合の、自動処理の図

IL2CPP には、スクリプトの属性によって制御できる有用なオプションがいくつかあります。詳細は、プラットフォーム依存コンパイル を参照してください。

Windows ランタイムサポート
IL2CPP ビルド時間の最適化