アセットパッケージ
メインウィンドウ

Standard Assets

Unity は複数の Standard Assets を用意しています。これらは Unity を使用する方が幅開く使用できるアセットをまとめたものです。用意しているパッケージは 2D、Cameras、Characters、CrossPlatformInput、Effects、Environment、ParticleSystems、Prototyping、Utility、Vehicles です。

Unity は Standard Assetsパッケージ としてプロジェクトへインポート、プロジェクトからエクスポートすることができます。

ノート Unity をインストールしたときに Standard Assets をインストールしなかった場合は、 Asset Store からダウンロードできます。

Standard Assets のインポート

Standard Assets のインストール(インポート)や、Asset Store を経由したプロジェクト間での Custom Package の共有については Asset Package のページを参照してください。

Asset>Import Package メニュー
Asset>Import Package メニュー

Standard Assets は自動的にアップグレードされません

Unity で新規プロジェクトを作成するときに、Standard Assets をプロジェクトに含めるかどうかを選ぶことができます。選んだ場合、Unity は選んだアセットを Unity のインストールフォルダーから新しいプロジェクトフォルダーにコピーします。これは、 Unity Editor を新しいバージョンにアップグレードした場合、すでにプロジェクトにインポートしている Standard Assets はアップグレードされないということを意味します。そのため、手動で Standard Assets をアップグレードしなければなりません。

ヒント: 新しいバージョンの Standard Assets は、すでにインストールしているものとは(例えば、パフォーマンスや質を向上させるという理由で)挙動が変わっている可能性があります。新しいバージョンではプロジェクトの見た目や挙動が変わり、パラメータを変更する必要があるかもしれません。再インストール前には パッケージ のコンテンツと Unity のリリースノートをチェックしてください。

Standard Assets の再インストール、Standard Assets のアップグレード、 Standard Assets のインストール、 Standard Assets のインポート

アセットパッケージ
メインウィンドウ