Cheetah3D からオブジェクトをインポート
Lightwave からのオブジェクトのインポート

Modo からオブジェクトをインポート

Unity はネイティブで modo ファイルをインポートします。これは、COLLADA エクスポーターを使用して、内部で機能します。Modo バージョン 501 以降でこの手法が使用されます。始めるには、.lxo ファイルをプロジェクトの Assets フォルダーに保存します。Unity に戻ると、ファイルが自動的にインポートされ、プロジェクトビューに表示されます。

501 以前の古いバージョンの modo の場合、Unity プロジェクトフォルダーに Modo シーンを FBX または COLLADA ファイルとして保存します。Unity に戻ると、シーンが自動的にインポートされ、プロジェクトビュー に表示されます。

Unity でモデルを確認するには、プロジェクトビューから シーンビュー にオブジェクトをドラッグします。

lxo ファイルを修正するには、Unity はファイル保存時に自動的に更新を行います。

Unity は現在、以下のものをインポートします。

  1. 位置、回転、スケールのあるすべてのノード。回転軸および名前もインポートされます。
  2. 頂点、法線および UV のあるメッシュ。
  3. テクスチャおよび拡散カラーを含むマテリアル。メッシュごとの複数マテリアル
  4. アニメーション

要件

    • .lxo ファイルのネイティブなインポートには、modo 501 以降が必要です。
Cheetah3D からオブジェクトをインポート
Lightwave からのオブジェクトのインポート