public float RangeProperty (MaterialProperty prop, string label);
public float RangeProperty (Rect position, MaterialProperty prop, string label);

パラメーター

label プロパティーのラベル
prop 編集するプロパティー
position レンジスライダーコントロールの位置とサイズ

説明

レンジシェーダープロパティーのためのレンジスライダーを描画します

カスタムマテリアルエディターを作成するには、最初に CustomEditor クラスを作って Assets/Editor フォルダーに保存する必要があります。それから、シェーダーでそのクラス名を参照します。例えば、

 CustomEditor "MaterialRangePropertyExample"

こちらは、Range スライダーを示しています。シェーダーの Glossiness プロパティーを反映している例です。

using UnityEngine;
using UnityEditor;

public class MaterialRangePropertyExample : MaterialEditor { public override void OnInspectorGUI( ) { serializedObject.Update( ); SerializedProperty matShader = serializedObject.FindProperty( "m_Shader" );

if( !isVisible ) return;

Material mat = target as Material; MaterialProperty Glossiness = GetMaterialProperty( new Object[] { mat }, "_Glossiness" );

if( Glossiness == null ) return;

EditorGUI.BeginChangeCheck( );

RangeProperty( Glossiness, "Glossiness" );

if( EditorGUI.EndChangeCheck( ) ) PropertiesChanged( ); } }

こちらは似た例で、Rect パラメーターを使って、カスタムマテリアルエディターウィンドウ内のスライダーコントロールの配置とサイズを制御しています。

using UnityEngine;
using UnityEditor;

public class MaterialRangePropertyWithRectExample : MaterialEditor { public override void OnInspectorGUI( ) { serializedObject.Update( ); SerializedProperty matShader = serializedObject.FindProperty( "m_Shader" );

if( !isVisible ) return;

Material mat = target as Material; MaterialProperty Glossiness = GetMaterialProperty( new Object[] { mat }, "_Glossiness" );

if( Glossiness == null ) return;

EditorGUI.BeginChangeCheck( );

RangeProperty( new Rect( 20, 60, 300, 20 ), Glossiness, "Glossiness" );

if( EditorGUI.EndChangeCheck( ) ) PropertiesChanged( ); } }

上の例のエディターウィンドウはこのように表示されます。


Example material editor in Inspector.