public static void CreateCachedEditor (Object targetObject, Type editorType, ref Editor previousEditor);
public static void CreateCachedEditor (Object[] targetObjects, Type editorType, ref Editor previousEditor);

パラメーター

obj エディターが追跡するオブジェクト
editorType 要求されるエディターの型。オブジェクトのデフォルトのエディターは null です。
previousEditor オブジェクトの前のエディター。 CreateCachedEditor が返ると previousEditortargetObjecttargetObjects のためのエディターです。
objects エディターが追跡するオブジェクトたち

説明

previousEditortargetObjecttargetObjects のためのエディターです。エディターがすでにオブジェクトを追跡しているか previousEditor を破棄して新しいのを作成する場合に関数はどちらかを返します。

By default an appropriate editor is chosen that has a matching CustomEditor attribute. If an editorType is specified, an editor of that type is created instead. Use this if you have created multiple custom editors where each editor shows different properties of the object. previousEditor will be NULL if objects are of different types or if no approprate editor was found.