AudioSettings

class in UnityEngine

マニュアルに切り替える

説明

スクリプトからグローバルなオーディオ設定をします。

スピーカーの出力と形式をセットアップします。

Static 変数

driverCapabilitiesオーディオドライバのスピーカーのモードを返します(読み取り専用)
dspTimeオーディオシステムの現在時刻を返します。
outputSampleRateミキサーの現在の出力レートを取得します。
speakerMode現在のスピーカーのモード。デフォルトは 2 チャンネルのステレオです。

Static 関数

GetConfigurationオーディオデバイスとシステムの現在の設定を返します。これを使用すると、AudioSettings.Reset によって構造体内の値を修正・再適用することが可能になります。
GetDSPBufferSizeサンプル内でミキサーのバッファサイズを取得します。
Resetデバイス設定の変更を行います。これに呼応して AudioSettings.OnAudioConfigurationChanged デリゲートが引数 deviceWasChanged=false で呼び出されます。指定した通りの設定が使用できるとは限りませんが、システムが対応しているものの中で最も近いマッチの使用を試みます。

Events

OnAudioConfigurationChangedグローバルオーディオ設定が変更されるたびに呼び出されるデリゲートです。設定は AudioSettings.Reset によって変更される場合と、外部の要因によって変更される場合(例えば OS のコントロールパネルでサンプルレートが変更された場合や、HDMI モニタ や USB ヘッドセットの接続時にデフォルトの出力デバイスが変更された場合など)があります。

デリゲート

AudioConfigurationChangeHandlerグローバルオーディオ設定が変更されるたびに呼び出されるデリゲートです。設定はAudioSettings.Reset によって変更される場合と、外部デバイスによって変更される場合(例えば OS のコントロールパネルでサンプルレートが変更された場合や、HDMI モニタ や USB ヘッドセットの接続時にデフォルトの出力デバイスが変更された場合など)があります。