AssetPostprocessor.OnPostprocessSprites(Texture2D, Sprite[])

マニュアルに切り替える

説明

この関数をサブクラスに追加すると、スプライトのテクスチャをインポートし終わったときに通知を受ける事ができます。

複数のスプライトモードのために、各スプライトのアセットをスプライトの配列で 2番目の引数として渡します。

#pragma strict

class Example extends AssetPostprocessor { function OnPostprocessSprites (texture:Texture2D , sprites:Sprite[] ) { Debug.Log("Sprites: " + sprites.Length); }

function OnPostprocessTexture (texture:Texture2D) { Debug.Log("Texture2D: (" + texture.width + "x" + texture.height + ")"); }

}