Wind Zone

草とその他の詳細について

terrain システムは草の塊を持つことができ、岩のような他の小さなオブジェクトの表面を覆うことができます。草は他を詳細に標準メッシュから生成している間、個々の塊を表現する 2D 画像を用いてレンダリングされます。

地形の草
地形の草

イネーブルの詳細

ツールバーの details ボタンで草/詳細のペインティングができます。

最初は、terrain が利用できる草や詳細はありませんが、インスペクターで Edit Details ボタンをクリックすると、表示されるメニュー上の Add Grass TextureAdd Detail Mesh オプションが表示されます。ウインドウに terrain に追加するアセットの選択が表示されます。

grass のウインドウはこのようになっています:

Add Grass Texture ウインドウ
Add Grass Texture ウインドウ

Detail Texture は grass を表現するテクスチャーです。いくつかの適切なテクスチャーが Unity の standard assets (menu: Assets > Import Package > Terrain Assets)に含まれていますが、ユーザー自身で作成することも可能です。テクスチャーは単純に、空白部分のアルファを 0 に設定した小さな画像です。(もちろん"\Grass" はただの総称にすぎません。画像を使い花の密生林を表現でき、さらに有刺鉄線コイルのような人工的なオブジェクトを表現することも可能です。)

Min WidthMin HeightMax Width そして Max Height 値は、生成された草の塊のサイズ上限と下限を指定します。本物らしくみせるために、grass はしみのちらばりなどのランダムな”ノイズまじりの”模様で生成されます。

The Noise Spread value controls the approximate size of the alternating patches, with higher values indicating more variation within a given area. (Tech note: the noise is actually generated using Perlin noise; the noise spread refers to the scaling applied between the x,y position on the terrain and the noise image.) The alternating patches of grass are considered more “healthy” at the centres than at the edges and the Healthy/Dry Color settings show the health of grass clumps by their color.

Finally, when the Billboard option is enabled, the grass images will rotate so that they always face the camera. This option can be useful when you want to show a dense field of grass because there is no possibility of seeing clumps side-on and therefore visibly two-dimensional. However, with sparse grass, the rotations of individual clumps can become apparent, creating a strange effect.

For detail meshes, such as rocks, the selection window looks like this:-

The Add Detail Mesh window
The Add Detail Mesh window

The Detail property is used to select a prefab from your project which will be scaled by the Random Width and Random Height values for individual instances. The Noise Spread and Healthy/Dry Color values work the same as they do for grass (although the concept of “healthy” is stretched somewhat when applied to objects like rocks!) The Render Mode can be set to Grass or Vertex Lit. In Grass Mode, the instances of detail objects in the scene will be flattened into 2D images that behave like the grass textures. In Vertex Lit mode, the details will be rendered as solid, vertex lit objects in the scene.

Wind Zone