Version: 2020.1

説明

Rigidbody2D 移動した場合、衝突は新しい位置でのみ検知されます。

このモードを使用すると、Rigidbody2D が素早く移動していると、他のコライダーと位置が被ったり、すり抜けてしまうことがあります。このモードでは、非常に高速な計算ができますが、先ほど述べた問題が発生しないように、オブジェクトが比較的遅く緩やかな移動をしており、位置の重複やすり抜けが起こらない場合にのみ使用してください。

See Also: Rigidbody2D.collisionDetectionMode.