public void UploadMeshData (bool markNoLongerReadable);

パラメーター

markNoLongerReadable True に設定するとメッシュデータのシステムメモリのコピーが解放されます。

説明

以前行ったメッシュの変更をグラフィック API へアップロードします。

コードを使って ( vertices, normals, triangles などのプロパティーを使用) Mesh を作成、または、変更するとき、Mesh のデータは内部的に 「変更済」の印がつけられ、次回 Mesh がレンダリングされるときにグラフィック API に送られます。

Call UploadMeshData to immediately send the modified data to the graphics API, to avoid a possible problem later. Passing true in a markNoLongerReadable argument makes Mesh data not be readable from the script anymore, and frees up system memory copy of the data.

See Also: vertices, normals, triangles, MarkDynamic.