public void TransportReceive (byte[] bytes, int numBytes, int channelId);

パラメーター

bytes受信したデータ
numBytes受け取ったデータのサイズ
channelIdデータを受け取るチャンネル

説明

この仮想関数はアプリケーションに渡される前にカスタムのネットワーク接続クラスがネットワークからのデータを処理するのを許可します。

この関数のデフォルトの実装は受信したデータに HandleBytes() を呼び出します。カスタムの実装も HandleBytes() を使用できますが、受信したデータやその他のデータの改変されたバージョンを渡すことができます。

この例はコンソールに受信したデータを記録し、 HandleBytes に渡します。

using UnityEngine;
using UnityEngine.Networking;
using System;
using System.Text;

public class DebugConnection : NetworkConnection { public override void TransportReceive(byte[] bytes, int numBytes, int channelId) { StringBuilder msg = new StringBuilder(); for (int i = 0; i < numBytes; i++) { var s = String.Format("{0:X2}", bytes[i]); msg.Append(s); if (i > 50) break; } UnityEngine.Debug.LogError("TransportReceive h:" + hostId + " con:" + connectionId + " bytes:" + numBytes + " " + msg);

HandleBytes(bytes, numBytes, channelId); } }

この関数の他の用途にはデータ圧縮やデータ暗号化があります。

カスタムネットワーク接続クラスは NetworkServer.NetworkConnectionClass と NetworkClient.NetworkConnectionClass を設定することにより使用されます。

using UnityEngine;
using UnityEngine.Networking;

public class SpaceManager : NetworkManager { void Start() { NetworkServer.networkConnectionClass = typeof(DebugConnection); NetworkClient.networkConnectionClass = typeof(DebugConnection); } }